日本人の顔はむくみやすいのはなぜ?日頃できる簡単な対策方法を教えて!

   

日本人は顔がむくみやすい?

女性に限らず、男性でも顔のむくみを気にされる方は多いですよね。

そんな中で気になる噂を耳にしました。それは日本人は欧米人と比べて顔がむくみやすいというものです。

顔がデカいと揶揄されてしまう方には見過ごせない噂ですよね。
けれども、この噂は本当なのでしょうか。




日本人の顔はむくみやすい?

日本人の顔はむくみやすいと言われていますが、欧米人と比べると確かにむくみやすいようですね。
その理由はなぜなのかを調べてみると、言語が関係しているということがわかりました。

 

日本人の言語、つまり日本語は欧米人の話す言語、英語やフランス語などと比べると顔の表情筋を使う面積がとても少ないとされ、そのことが原因で顔に脂肪や毒素が溜まりやすくなってしまいます。

その結果むくみやすく、欧米人と比べると顔がデカくなりやすいのだそうですよ。

 

確かに実際に言葉を発してみると、日本語は口角をあげて発音したり、舌を巻きこんだりしながら発音することはほとんどありませんが、英語などは顔周辺のいろんな筋肉を使いますね。

言語の特性によって顔の作りは変わってくるのですね。

 

ちなみに、言語以外のアプローチからも日本人の顔はむくみやすいという意見もあり、それは感情をあまり出すことがなかったり、ストレスをためやすい国民性であることなど、日本人の生活習慣が関係しているというものでした。

表情が豊かでないことは不機嫌な顔のように相手に映ってしまいますから、日頃の生活には気をつけなければなりませんね。




顔のむくみで日頃注意する行動は?

なるべくなら顔がむくまないように日頃から注意しておきたいですよね。
実は普段何気なく行っている行動に、顔がむくみやすくなるポイントがあるそうですよ。

 

例えば、今や生活に欠かせない存在となっているスマホはじーっと下を向いたまま操作をしていると思います。

 

この行動はほお骨や口角が下がってしまい、むくみやすくなってしまうだけでなく、二重あごの原因にも繋がってしまうそうですよ。

 

ですので、スマホをいじるときは画面をなるべく目の高さにして、あごをあげて操作するようにしましょう。
そうすることで、顔がむくみやすくなるのを防ぐことができるようです。

 

日頃全く気にも留めていなかったことに意識を持ってくるのが顔のむくみ予防につながるのですね。



顔のむくみのケア方法

いくら顔のむくみ予防をしたところで、一日働いたり、遊んだりしたら、老廃物は溜まっていきます。
やはり、顔のむくみをケアすることも大事なポイントになるのですね。

顔のむくみをケアする方法はいろんなものがありますが、代表的なものをいくつかコチラでも紹介していきますね。

 

一番オーソドックスな方法はマッサージだと思います。
顔のマッサージをするときはお肌をいためないためにもオイルを使ってマッサージをするのがいいとされていますね。

 

また、リンパの流れをよくするために、首や脇の下をグリグリとするのも顔のむくみケアに一役買ってくれていますよ。

 

美容グッズなどでマッサージをすることは毎日続けることで効果もより期待できますから、顔のむくみをケアするためにも積極的に使っていきたいですね。

まとめ

日本人は言語や生活習慣の視点から、欧米人と比べると顔がむくみやすいと言われています。

日頃からちょっとした意識を持って、しっかりとケアをして対策をしていきたいものですね。

☆こちらの記事も読まれています。
イースターの認知度が日本では低い理由は?

 - 日常 , , ,