クジャクは飛べるの?動画で確認してみよう!

      2016/10/12

クジャクは飛べるの?

世の中には飛べない鳥がいますが、その中にはクジャクおも含まれていると言われていますが、実はクジャクは飛ぶことができるみたいです。

一見飛べるようなイメージがないクジャクですが、本当に飛べるみたいですし、その様子がおさめられている動画がありましたので確認してみましょう。



クジャクは飛べるか動画で確認!

クジャクと言えばキレイな羽がイメージされますが、地上で羽を広げて、決して飛んでいる姿を観たことがある人は少ないと思います。

ですが、クジャクは空を飛べるようです。

その動画について探してみたのですが、あまりキレイな動画は見つけることはできませんでした。けれども、飛んだという事実は確認できましたので、紹介しますね。

 

この動画はポーランドにあるワジェンキ公園というところで撮影されたものらしいのですが、距離は短いものの確実に飛びましたね。

お尻の部分の羽が長いので非常に飛びにくそうですが、なかなか迫力のある映像だったと思います。

 

よく動画におさめましたよね。

クジャクはどのくらいの距離を飛べるの?

クジャクはどのくらいの距離を飛ぶことができるのかについても調べてみたのですが。、最長でどのくらい飛べるのかはわかりませんでした。

先程の映像を観てもらえばわかると思いますが、移動するために必要な距離しか飛ばないようなので、どのくらい飛べるのかは推測でしかないみたいですね。

 

けれども、動物園から逃げ出したクジャクが過去にいたそうなのですが、そのクジャクは動物園から4キロも離れたところで見つかったそうです。

 

4キロもの間ずっと飛んでいたのかはわかりませんが、それなりの距離を飛んで移動したとは思います。

能ある鷹は爪を隠すといいますが、美しいクジャクは飛べることを隠しているのですね。




クジャクって何者?

クジャクはキジ科の鳥類だそうです。確かになんとなくキジに似ているかもしれませんね。

 

羽を広げるのはオスのクジャクで、メスに対する求愛行動などの意味が含まれているそうです。
また、羽の長さは遺伝子的に生存に有利ですよというアピールなんだそうです。

 

インドではクジャクが国鳥となっているのですが、ヒンズー教ではスカンダという神の乗り物としてクジャクはたたえられている一方で、中世のヨーロッパでは食肉として食べられていたそうですよ。

 

国が違えば文化は違ってくるのですね。

まとめ

クジャクは飛ぶことができるようです。

日本ではなかなかお目にかかれない光景ですが、放し飼いをしている地域などでは見られることがあるようですので、一度は目に焼き付けたいものですね。
猫がきゅうり驚くYouTube動画でなぜビックリするのか調べてみた。




 - 動物 , , ,