9月上旬下旬の時候の挨拶-書き出しと結びの言葉例のまとめ

   

時候の挨拶-9月
9月の上旬下旬で使える時候の挨拶を紹介していきます。

ビジネスでも使えるあらたまった時候の挨拶とメルマガなどにも気軽に使える気軽な時候の挨拶の2つの書き出しと結びの挨拶の例文を書いていきますので、参考にしてくださいね。
8月上旬下旬の時候の挨拶-書き出しと結びの言葉例のまとめ



9月の時候の挨拶~書き出しの言葉~

9月の手紙で使える時候の挨拶を紹介していきます。
まずは書き出しの言葉の例を紹介していくので、ご覧ください。

上の方から下の方に向かっていくにつれて上旬~下旬に適している書き出し例となります。

 

あらたまった時候の書き出し例

・残暑厳しい今日この頃、ますますご壮健のこととお喜び申し上げます。
 

・いつまでも暑さがさりやらぬ毎日ですが、皆様お元気でいらっしゃいますか。

 

・秋らしい晴天が続いております。お元気でしょうか。

 

・朝夕はようやくしのぎやすくなりました。お元気でご活躍のことと存じます。

気軽な時候の書き出し例

・九月になっても残暑厳しい毎日が続きますが、みなさんお元気でしょうか。
 

・新学期が始まってほっと一息ですね。お子さんたちはお元気ですか。

 

・九月も半ばを過ぎ、ようやく秋めいてまいりました。いかがお過ごしでしょうか。

 

・すがすがしい秋晴れの毎日です。好季節を満喫していらっしゃいますか。

 

 

9月の時候の挨拶は暑い時期が過ぎ、気持ちも新たに生活が始まるということで、気持ちが前向きになるような言葉を選ぶといいでしょう。

秋を感じさせる言葉も悪くはないですが、最近の日本は夏が長いような気がしますからね。9月でもまだまだ暑いですし、その暑さに負けないような言葉選びが適しているかもしれませんね。




時候の挨拶~結びの言葉~

続いて、9月の手紙で使える結びの例をご紹介します。

こちらも上の方から下の方に向かっていくにつれて上旬~下旬に適している結びの例となります。

 

あらたまった時候の結び例

・まだまだ涼秋とはいいにく残暑でございます。くれぐれもご自愛ください。

 

・立秋とは名ばかり残暑が続いております。お身体、十分にご自愛ください。
 

・過ごしやすい季節となりました。皆様のますますのご健康とご活躍を祈念いたします。
 

・心地よい秋空の下、さわやかな秋を満喫されますことをお祈り申し上げます。

気軽な時候の結び例

・夏バテが出やすいのはこの時期です。お互いに体調を崩さないようにしましょう。
 

・秋の長雨が続きます。くれぐれもお身体をお大事に。
 

・まさに食欲の秋です。お互いオーバーウェイトに気をつけましょうね。
 

・味覚狩りの季節です。今度ぜひ一緒にブドウ狩りにでも出かけましょう。

 

9月の結びの言葉としては残暑や夏バテといった夏の終わりを感じさせる言葉や、長雨やブドウ狩りといった秋のはじまりを感じさせるような言葉が似合いますね。

 

9月の手紙に使える言葉集

9月に書く手紙に使える風物詩や季節の言葉の一覧を書いておきますので、文章に悩まれた時はこちらの言葉を参考にしてください。

風物詩

・風物
新学期、十五夜、月見、月見だんご、お彼岸、おはぎ、墓参り、台風、秋祭り、豊作、いわし、さんま、ブドウ、梨、新そば、なす、秋の七草、食欲の秋、味覚狩り、芸術の秋、虫の声など

 

・気候
秋日和、秋晴れ、いわし雲、野分、秋の長雨など

 

・動物
とんぼ、赤とんぼ、鈴虫、きりぎりす、こおろぎ、かまきり、みのむし、くつわ虫、うすばかげろうなど

 

・植物
秋の七草、鶏頭、りんどう、彼岸花、コスモス、菊、きんもくせい、おみなえし、蕎麦の花など

季節の言葉

新涼、秋涼、初秋、新秋、早秋、清涼、孟秋、白露、秋冷、秋晴、爽秋など
※『○○の候』が一般的ですが、折やみぎりでも構いません。

---

こちらで紹介した言葉を時候の挨拶に利用することもできますので、例文とは違った表現がしたい方はぜひ活用ください。

まとめ

9月の時候の挨拶は以上のようなものを参考にしてください。

夏休みは子どもの夏休みでなかなか自分の時間が取れなかったという方は、9月に手紙を書くのもいいかもしれませんね。

 - マナー , ,