失恋の立ち直りが早い男性には7つのパターンがある!

   

失恋から立ち直る男性の特徴

失恋をしたら数週間や数か月、場合によっては何年も前の人であっても引きずることがありますよね。特に男性は。

ですが、そんな失恋に対してでも立ち直りが早い男性がいます。

彼らはなぜ失恋から立ち直るのが早いのかと不思議に感じる方もいるかもしれませんが、実は彼らにはフラれたショックを最小限にする方法を持っているのです。

その方法は7パターンに分けることができるので、まずは見ていきましょう。

 

失恋の立ち直りが早い男性の6パターン

1.常に異性の友達をキープしている

常に恋愛感情を密かに抱いている友達がいる男性は失恋しても立ち直りが早いです。

もちろん一つのグループではなく、いろんなグループに所属していることで、失恋した時のあの孤独感を忘れさせ、次の恋愛に向けたスタートをすぐに切ることができるのですね。

恋人との交際中にも一点集中せず、幅広い交友関係を大切にした成果かもしれません。

 

2.仕事が楽しい

今はいろんな働き方がありますが、やはり男は「仕事」というのは切っても切り離せない存在だと思います。

失恋のショックを引きずらない男は仕事を充実させることで、折れない心を持つことができますよ。

それに、キャリアアップや貯金もできますし、失恋したら男は仕事ですね。

 

3.共有できる男友達がいる

恋人とは違いますが、やはり男友達というのは辛いときにいてくれると慰めてくれたり、落ち込んだ気持ちを忘れさせてくれます。

男同士だからこその友情は失恋だけでなく、夢に破れたときなどいろんな場面で自分を救ってくれる存在になってくれるはずですよ。

 

4.恋愛と同等かそれ以上の「大好き」がある

恋愛することは楽しいですが、恋愛しか楽しみがないことは依存しがちなりますので、それを失った瞬間、思考停止してしまいます。

そうならないためにも、恋愛以外の大好きな趣味を一つは持っておきたいところです。

それがあるだけでも失恋のショックを和らげることができますよ。

 

5.出会い続ける行動を起こしている

たとえ失恋しても「自分には出会い続けるチャンスがある」と自信を持っている方はすぐに切り替えることができるので、失恋を引きずることはありません。

仕事をするだけでなく、趣味などの交流会に顔を出すなど、出会いが流入する機会をたくさん作っていることが次の恋を引き寄せるのですね。

 

6.相手がどうしようもなかったと思える

これまでのテイストとは少し違いますが、恋愛は相手があってのものですから、自分だけでなく相手に非があることもあります。

例えば浮気をしていたなど。

そういった時は相手のことを軽蔑するのも時にはいいでしょう。
そういった怒りは失恋の痛みよりも大きかったりしますからね。

ですが、間違った方向に怒りを向けてはダメですから、その点については自分をコントロールしましょうね。

 

 

以上の6つが失恋しても立ち直りが早い男性のパターンです。

時には向き合って、時には忘れて、そうやって傷ついた心にかさぶたをつくっていきましょう。

治りにくさは人それぞれですが、一生治らないかさぶたはありませんから、とにかく行動を起こして、自分にあった立ち直り方を見つけていきましょう!

お互いに!笑

まとめ

恋をすれば、一生一緒にいない限り失恋をします。

失恋を必要以上に引きずってしまう方はここで紹介したパターンを参考にして、自分なりの立ち直り方を見付けてみましょう。

失恋して立ち止まっていても時間は過ぎていきますから、その流れに乗ったり、立ち止まったりしながら次の恋をみつけていきましょうね。

 

失恋から立ち直る7つ目のパターンは?

タイトルに7つのパターンと書きましたが、紹介したのは6つでしたので、一つ足りないのではないのかと思っているかもしれません。

あえて7つ目のパターンを書かなかったのですが、このパターンは先程紹介したものとは違うからなのです。
では最後のパターンというのは何なのというとそれは「復縁」です。

別れたとしてもやっぱりこの人じゃなきゃダメだという人もいるでしょう。そのことに気づいた方は復縁と言うパターンもあるのですよ。
けれども、復縁は誰しもが100%できるものではありません。

まずは可能性をチェックして、自分に復縁するチャンスがあるのか確認してみましょうね。
復縁の可能性をチェックする動画と記事はコチラ

 - 恋愛 , ,