騙される人の心理とは?東京での新生活の危険から身を守ろう!

      2016/06/01

騙される人の心理とは?

地方から東京へ来て新生活を始める大学生や社会人は毎年たくさんいます。
初めての東京で一人暮らしを始めるのなら危険から身を守る術を知っておきましょうね。

油断していると気がつかないうちに騙されてしまうかもしれませんよ。


騙される人の心理とは?

「俺は絶対に騙されない!」

 

そんな人がまんまと騙されるのがこの世の常ですが、いったいなぜこのようなことが起こるのでしょうか?

それは、人の心理には『自明の理への反論』というものがあるからです。

 

人間は、当たり前のことだからこそ反論されると弱いという心理を持っているんです。

 

例えば女性なら、スカウトで騙されるなんてことを耳にしたりします。

「君かわいいね。モデルにならない?」

みたいなヤツですね。

 

なぜこの言葉に騙されてしまうのかというと、多くの女性が自分のことを可愛くないと思っているからです。

 

『自分は可愛くない』というのは自明の理、つまり反論の余地がないことです。

 

「私なんかが・・・」と思っていてもそれを否定して反論されることで、簡単に説得されてしまうのです。

これが『自明の理への反論』という心理です。
不思議な特性ですよね。

 

女子はやっぱり可愛いと思われたいですし、そう思うことはおかしなことでもないですし、可愛いと言われたら嬉しいですからね。

 

これを読んでいる女性の方、注意してくださいね。

 

まぁでも、ここまで飽きずに読んでくれている人ならきっと性格が良くて、素敵な女性なんでしょうね^^

 

・・・騙そうとしているわけではないですよ!笑




男性はあり得ない儲け話を信じてしまう傾向にある

さっきまでは女性の例をあげましたが、男性だって騙される人はいます。

さすがに「君かわいいね~。モデルにならない?」という言葉では騙されませんが。笑

 

男性が騙されるのはお金関係が圧倒的に多いです。

 

「買えば買うほど儲かる!」という理論を打ち立て人を騙したという話があります。

 

普通、お金は使えば持ち金は減りますから、買えば買うほど儲かるというのはあり得ないのです。

そんなこと子供でも分かります。
でも、騙されてしまう人はいるのです。

なぜなら「自明の理への反論」の心理が働くからです。

 

買えば買うほどお金は減ります。これは自明の理です。

でも、買えば買うほど儲かると反論されたら、簡単に説得されてしまうのです。

 

あり得ないように思えますが、そういう心理になりやすいのです。

 

「元手なしで大金が手に入る!」
「宝くじの当選番号が事前にわかる!」

 

常識的に絶対にあり得ない儲け話を見かけることがあります。

こんなのに騙される人なんかいるのかと思っているかもしれませんが、実際に騙されている人はいるのです。

 

男性はプライドが高く、お金を持っていることは一つのステータスですから、
儲け話には注意しておきましょうね。

東京での新生活から身を守ろう!

東京で新生活を始める人はこういう機会に遭う可能性が多いです。

人口が多いですから、それだけ人と接する機会も増えますからね。

 

地方から出てきたら、不安で仕様がないでしょうから、話しかけてくれる人がいたら嬉しいと思います。

 

ですが、少しでも違和感を感じたら、家族や身近な人に話をするようにしましょう。

相談のような重い感じでなくて構いません。
第三者に話をすると違う角度からの目線が生まれてきます。

そうすれば、信じていいのか悪いのか一度冷静に考える時間を作ることができます。

 

この時間を作るというのがとても大事ですので、すぐに契約するなどの行動はとらないようにしましょう。

まとめ

騙される人の心理には『自明の理への反論』というものがあります。

これは当たり前のことに反論されると簡単に説得されるという不思議な特性を持っています。

もし、違和感を感じたらその場で判断せず、時間を置いたり、家族に話をするなどしましょうね。
東京での新生活に潜む危険から身を守りましょう!

東京にいるのがつらくなったらこんな曲を聴いてみてください。
東京で一人暮らしをする不安と戦うあなたに贈る3つの曲。

 - 一人暮らし , , ,