エアコンの電気代はこまめに消した方が節約できない?

   

エアコンの電気代はつけっぱなしの方が節約できる?

夏の時期はエアコンが欠かせないですが、電気代が気になるところではありますよね。
ところで、エアコンはこまめに消した方とつけっぱなしにしているときではどちらの方が電気代が節約できるのでしょうか。

また、どんな方法で節約することができるのでしょうか。その点について紹介していきますね。



エアコンの電気代はこまめに消さない方がいい?

エアコンの電気代を節約したいのならこまめに消さない方がいいとされています。

というのも、エアコンは起動直後に室温を下げるためにフルパワーで稼働します。
ですので、つけはじめというのは消費電力が急激に上がっていくのですよ。

 

仮に、設定温度28℃として9時間エアコンをつけるとなった場合だと、起動直後はかなりの消費電力となりますが、エアコンの設定温度に室温が近づくと消費電力は落ちていき、だいたいフルパワーで消費していた時の半分くらいの電力で運転するようになります。

もし、エアコンをつけっぱなしにしていれば、室温が設定温度になれば、あとはずっと同じ消費電力となるので、安定して電力消費をします。

 

ところが、30分運転したら消す、室温が30度を超えたらつけるようにするということを繰り返していると、消した時は当然消費電力はゼロになるものの、再びつけるということを繰り返しているとフルパワーで起動するので、そこで電力を消費します。

 

ということなので、こまめに消すのはつけはじめに何度もフルパワーで運転することになるので、実は電気代がかかってしまうのですね。

エアコンの性質を理解しよう

先程、エアコンをこまめに消す方が電気代がかかる、節約できないと紹介しましたが、もちろん条件によっては逆転することはあります。

 

例えば、こまめに消すという行為は人によって感覚が違いますから、エアコンを消している状態が長ければ、当然節約にはなりますよ。

また、部屋の大きさによっても室温が下がるまでに時間の差がありますから、一概にこまめに消した方が電気代がかかるとは言い切れないところもあるのですが、エアコンの性質は変わらないということは知っておく必要があります。

 

ここでいうエアコンの性質とはつけはじめは消費電力が高いということですね。

 

この性質はメーカーや機種によって多少の違いはあるものの、すべてのエアコンに共通していることですから、室温と外気温の差が大きい時は最初に消費する電力も大きいということは知っておきましょう。




エアコンの電気代を節約する方法

最後にエアコンの電気代を節約する方法をいくつか紹介しておきますね。

 

設定温度は28度が理想

28度であれば快適に過ごすことができるラインと節約できるラインのいいバランスが取れます。

エアコンは設定温度を1度上げるだけで約10%の節電効果があると言われていますから、細かいところですが、守りたいですね。

もし、どうしても暑いときは扇風機やサーキュレーターを併用しましょう。

 

風量は自動運転

部屋が冷えるまでは強、その後は微風というのが理想的です。

最初から微風にしている方もいますが、それでは部屋が冷えるまでに時間がかかってしまい余計な電力を消費してしまうので、自動運転にしておきましょう。

 

風向きは上に

冷たい空気は下に向かっていきますので、効率よく部屋の温度を下げたいのなら、風向きは上にして置いた方がいいですよ。

効率が良ければ余計な消費電力を使わなくて済みます。

 

 

以上3つの節約方法を紹介しました。

エアコンは正しく使えば電力を抑えることができるような家電になっていますから、使い方次第で家計を守ることができるのですね。

まとめ

エアコンの電気代はこまめに消した方が節約できない可能性が高いです。

環境にもよりますが、設定や他の家電との併用をうまく行い、どう消費電力を抑えるのかが節約のポイントになるようですね。

 

エアコンのカビ臭さ対策

エアコンについての2つの問題と言えば、節約と臭いを挙げる方が多いです。
確かにどちらも気になりますよね。

今回は節約方法について紹介していきましたが、カビ臭さを対策する方法はちゃんとしていますか。カビ臭いということはいい状態ではないですから、しっかりと対応しておく必要がありますよ。

エアコンのカビ対策をしっかりと行っておきましょう。
エアコンがカビ臭い原因を掃除しないで対策する方法はある?

 - 節約 , , ,