福神漬けのヒョウタンみたいなものの正体とは?

      2016/07/20

福神漬けの中にあるヒョウタンの正体

カレーの相棒として欠かせないものと言えば福神漬けですが、福神漬けの中にはヒョウタンのような形をしたものがあります。

そもそも福神漬けの中にそんなものが入っていることすら知らない人も多いですが、あの正体は一体何なのでしょうか。



福神漬けの中にあるヒョウタンの正体とは?

福神漬けの中にあるヒョウタンの正体ですが、あれはなたまめと呼ばれるものです。

 

なたまめは文字通り豆の仲間で主に漢方薬として知られていますが、最近では健康食品や健康茶などで知られていますね。

なたまめは漢字で書くと「刀豆」と書くのですが、おそらく実がなった様子が刀に似ているために、名前の由来になっていると推測されます。

 

由来に関しては確証がないのですが、なたまめの実がなっている様子をみれば伝わると思われます。

なたまめの実は非常に大きく、30~50㎝ほどになるものもあるようですよ。

 

ちなみに、NHKの大河ドラマ「篤姫」では長旅の無事を祈る餞別としてなたまめを送るシーンもあったようですね。

篤姫と言えば瑛太さんが演じた薩摩藩家老の小松帯刀にも焦点を当て、薩摩の中心人物として描かれていましたが、なたまめは江戸時代には薩摩で栽培が盛んだったそうですよ。

そういったこともドラマに反映させて、なたまめを餞別するシーンを入れたのかもしれませんね。



なたまめの効能は?

福神漬けの中に入っているヒョウタンの正体がなたまめだということはわかりましたが、なたまめにはどんな効能があるのでしょうか。

 

先程紹介したようになたまめは漢方として知られていましたが、主に血行促進や免疫力の向上などの効果があるとされています。

また、昔から膿を出す妙薬と言われているように蓄膿症や歯周病、歯槽膿漏など膿が原因となって起こる病気に対して効果が期待できるようですよ。

 

他にも、なたまめの効果は人だけでなく、野菜を病害虫から守る役目として周囲に植えられることもあります。

なたまめというのは非常に重要なサポート役を果たしてくれるのですね。



なたまめで健康習慣

なたまめを使用したレシピなども最近ではあるようですが、なかなかスーパーでなたまめを見かけることはありませんし、料理を作ってみても一度作ればいいやと再びなたまめのことを思い出すことはなかなかないでしょう。

なたまめのような健康を維持する食べ物は食べ続けなければ意味がありませんから、習慣づけるのならなたまめを加工したものがいいでしょう。

 

もし、なたまめで健康習慣を身につけたい方は先程紹介したようなお茶などが一般的にはおすすめされています。

 

最近では子供でも飲めるような味になっているそうで、親子や家族で健康習慣を意識されている方も多いですよ。

特に年頃のお子さんは口臭を気にしている子も多く、なたまめは膿を出すと言われていますので、口臭予防に使用するのもいいかもしれませんね。

>>口臭・口のネバツキ対策をなたまめ茶で解決するならコチラ

まとめ

福神漬けの中に入っているヒョウタンのようなものはなたまめと呼ばれるものです。

なたまめには血行促進や免疫力の向上、さらには口臭予防の期待もされていますから、健康を気にされている方はぜひ摂取したい食べ物となっていますよ。

なたまめに口臭予防の効果

なたまめにはさまざまな効果があるのですが、最近注目されているのは口臭予防効果です。

なたまめに含まれている特有の成分が口臭を予防してくれるそうで、最近ではなたまめを使った歯磨き粉なども販売されているそうですよ。

そんなものがあるのかと気になって調べてみましたので、口臭が気になる方はぜひご覧くださいね。
なたまめの口臭予防効果となたまめ歯磨き粉の口コミとは?

 - 雑学・ネタ , , ,