読書感想文の本の選び方は中学生でも小学校低学年でも同じ!

   

読書感想文の本の選び方

夏休みの宿題で一番悩まされるのはやはり読書感想文ではないでしょうか。

親の立場からすると、さっさと終わらせてしまいなさいと思うものですが、いざ自分が子供だった頃を思い出すと、夏休みの終わりごろまで書けないなんて記憶が蘇ったりしますよね。

ところで、なぜ読書感想文が書けないのかということを考えた時、そもそもどんな本を読めばいいのか選び方がわからないというものがあります。

そこで、読書感想文の本の選び方について解説していきたいと思いますね。




読書感想文の本の選び方

読書感想文の本の選び方ですが、結論から言えば、「“テーマが明確”で“共感”できる本」というのを選ぶのがいいとされています。

なぜこのようなことが言えるのかというと、そもそも読書感想文の目的は本を読んだ「感動」を文章にすることやその「感動」をきっかけに読書をする習慣や気持ちを育むことだとされているのだそうですよ。

読書感想文だからと行って、難しい本を選ぶ必要は全くないのですね。

 

大切なのは本を読んで「自分の気持ちを言葉にする」ということなのでしょう。
子供のうちに自分の気持ちを言葉にするトレーニングは確かに必要だと思います。

 

ところで、「“テーマが明確”で“共感”できる本」というのはどういった本のことを言うのでしょうか。

その答えは「自分が興味を持った本」だと言えるでしょう。

 

自分が興味を持ったということは気持ちが動く材料がたくさんあるということですから、「感動」を生み出し、言葉にするには一番の動機になるはずですからね。

意外なのですが、読書感想文コンクールの応募作品には図鑑や辞書を選ぶ子供もいるそうです。

コンクールで図鑑や辞書を選んで感想文を書いているのなら、いち学校の読書感想文でも問題はないと思いますよ。

ですので、親の立場でできる最も重要なことは強制しないで子供が自分で選んだ本を尊重して見守るのがいいでしょう。

 

ただし、学校や先生によっては指定されている条件などもあると思いますので、その条件を守ったうえで選ぶようにしましょうね。

中学生でも小学校低学年でも読解力の差はありますが、本の選び方という点では共通していると言えるでしょう。

※この文章は【東京・キッズ作文教室】空色ことばカラフル通信を参考にしました。




読書嫌いな子供に対する対処法

読書感想文の本の選び方についてまずは書いてきましたが、視野が広がって選択肢がグッと広がったのではないかと思います。

ですが、子供が興味のある本がない、読書嫌いで本を読もうとしないこともあると思いますので、そういった場合、どのように動機付けるのがいいのか悩ましいところでもありますよね。

そんな時は親から声をかける必要があるかもしれません。

 

例えば、「お母さんが読んで面白かった本がコレだよ」や「お父さんが子どもの頃に書いた読書感想文の本はコレだった」など共通点を作ると子供も興味を持ってくれるのではないでしょうか。

他にも、野球をしている子であればイチロー選手に関する本を読んだり、そのイチロー選手がおすすめしている小説家の本を探してみるなど。

イチロー選手がどの作家さんを好きなのか公表しているのかはわかりませんが、こんな風に興味の幅を広げてみるのも手段の一つかな思います。

 

子供は読書嫌いというよりは興味がないから読まないという子が実は多いようですので、きっかけさえ与えることができれば自主的に読書と感想文に取り組んでくれるのではないでしょうか。

個人的におすすめの本

最後に参考になるかはわかりませんが、個人的におすすめできるかなという本を紹介したいと思いますね。

私は今でこそ小説を読むようになりましたが、子どもの頃は読書はあまり好きではありませんでした。

 

そんな私が読書をするようになったきっかけは、ゴールデンスランバーという伊坂幸太郎さん原作の映画でした。

「この映画おもしろいなー」と思い、小説を読んでみたところ「小説って面白いな!」と感じるようになりだんだんと読書するようになりましたよ。

私のように、映画化やドラマ化された本、いわゆる原作を読むというのもきっかけにはいいかもしれません。

 

ゴールデンスランバーは子どもが読むには少し難しいかなと思うので、もう少し読みやすいもの、それでいてドラマ化されたものだと木宮条太郎さん原作の「水族館ガール」なんていいかもしれません。

この作品はNHKでドラマ化され、松岡茉優さんが主演して2016年6月~放送開始されています。

水族館の裏側や人間関係を描いているので普段見ることのできない部分や人間の葛藤を描いているので、おすすめできるかなと思います。

 

中学生くらいであれば読めるのではないかと思いますよ。

 

もし、どんな本を選べばいいのか悩んでいるのなら映画やドラマ化された本や漫画にもなった小説なんかを参考にすると映像でも理解できるので、読みやすいですし、文章も書きやすくなるのではないかと思います。

読解力という点ではあまりよくないのかもしれませんが、参考にしていただければと思いますよ。

まとめ

読書感想文の本の選び方は『子供が自主的に興味を持ったもの』がいいでしょう。

もし、お子さんが悩んでいるようであれば、きっかけを与えてあげて、自主的に行動するように誘導されてみてはいかがでしょうか。

 - 子供 , , , ,