食パンの真ん中は顔と言うの?

   

食パンの真ん中は顔?

食パンの周りのかたい部分を耳と言いますが、食パンの真ん中の部分は顔と呼ぶのでしょうか。

パンの耳は馴染みがありますが、パンの顔とは聞いたことがありませんが実際のところはどうなのでしょうか。




食パンの真ん中は顔?

食パンの真ん中の部分を顔と呼ぶかについては一般的には言われていないようですね。

もしかしたらパン屋さんや工場などでは専門的に顔と呼んでいるかもしれませんが、普段生活していてパンの真ん中の部分を顔と呼んでいる人は見つけられませんでした。

 

真ん中の部分を一般的には何と言われているかについてはパンの身や白い部分などと言われていますね。

多くの人がなんて呼ぶのか気にもかけてはいませんでしたが、一つ考えられる意見としては「パン」とそのまま呼ぶのもいいかもしれません。

わざわざ外皮の部分を「パンの耳」と呼んでいるわけですから内相の中身は本体のパンと呼ぶのは不思議なことではないかなと思います。

 

ですが、たとえパンの真ん中の部分に特別な名称があったとしても
今更呼び方を変えるのも認知されない気がしますので、「パンの耳をおとした部分」など言ったほうが相手に伝わるような気もしますね。

 

大事なのはなんて呼ばれているかよりも、相手に伝わるかどうかだと思います。




パン用語ではちゃんとした名称がある

一般的には知られていないようですが、パン用語と言いましょうか正式名ではあの白い身の部分はクラムと呼ぶそうです。

反対に耳と呼ばれている部分はクラストと呼ばれていますよ。

 

クラストは『固い外皮』というイメージで使われている英語で、動物の甲羅や地殻などを表現することがあります。

そのイメージからパンやパイなどの皮にも使われているのですね。
ピザ生地を頼むときにレギュラーかクラストかを聞かれることもありますし、気がつかないうちに身近な存在になっていたのかもしれません。

 

ちなみに、クラムチャウダーという料理がありますが、あのクラムは2枚貝という意味だそうですよ。

日本だとアサリを使っているものが多いですが、海外ではハマグリを使っているものが多いそうですよ。

 

まとめ

パンの耳と呼ばれているので、真ん中の白い部分は顔と呼ぶのかと思いましたが、そのように呼ばれていることは一般的にはないようですね。
もしかしたら一部で呼ばれているかもしれませんが、一般的に耳馴染みはないようです。

ちなみに、専門用語では耳をクラスト、身の部分をクラムと呼ぶようです。

 

英語は抽象的なイメージ

英語は抽象的なイメージで使われている言語だとされ、日本語のようにこの言葉がこの意味というように具体的な意味を単語そのものが持つことはないようです。

冠詞や文脈によって意味が確率されるという面白い特徴があるのですが、そのことがわかる例がありますので、こちらの記事もご覧になってくださいね。

お払い箱って賽銭箱なの?元々の意味は解雇ではなかった!

 - 雑学・ネタ , ,