子供部屋が狭い時は収納の確保よりも別のアイデアを持とう!

   

子供部屋が狭いときのアイデアとは?

子供が大きくなるのは嬉しいことですが、問題が出てくることもあります。
それは部屋にモノが多くなってしまうことです。

ローンでマンションや一軒家を購入した場合は、簡単に引越しはできませんので、住んでいる部屋でやりくりしなければなりません。

そんな時の対策方法を考えてみましょう。



子供部屋が狭い時の収納問題

子供部屋は子どもが小学校に上がった時などで一気にモノが多くなりますよね。

学習机にランドセル、習い事の道具など幼稚園や保育園の頃は広く感じた部屋も驚くほど狭く感じてしまいます。

 

モノがあふれかえってしまい、部屋が散らかってしまうことを懸念して、収納家具を増やしてはみても、部屋は片付きますが、収納家具分のスペースが取られてしまうので、部屋は手狭なままになってしまいますよね。

こういった状況にしてしまうと遊び対盛りのこどもにとっては良くない気もします。

 

子供部屋には最低のモノを置いたとしても、そのしわ寄せは別の部屋に回ってきてしまうので、結局別の部屋が狭くなってしまいますし、キッチンや寝室のインテリアに合わないものを置くことにもなってしまいます。

 

この先家族が増えたとしても、自宅の立地や環境は気にいっていたリ、冒頭に書いたようにローンで家を購入した場合は簡単に引っ越すことはできません。

 

断捨離をしようと思っても、成長期の子供は必要なモノが増えていきますが、どんどん捨てるわけにもいきませんから困ったのもですよね。

そんな収納問題を別のアイデアで解決してみませんか。


部屋が狭いときのアイデア

部屋が狭いときの収納問題を解決するアイデアとしてトランクルームを選択肢として入れてみるのはどうでしょうか。

トランクルームというのはレンタル収納スペースのことで、以前は都心から少し外れた場所にコンテナを使ったレンタル収納スペースがありました。

もしかしたらご存じの方も多いかもしれませんね。

 

このトランクルームですが、実はここ数年で拠点が増えてきており、東京都内や主要都市で数が増えてきています。

これまでは企業やお金持ちの方が活用しているケースが多かったのですが、今では一般家庭でも気軽に借りられるようになっているのですよ。

 

トランクルームを活用すれば引越しの手間や必要性はなくなりますし、部屋にある今は必要ないモノなどを低ランニングコストで保管することが可能になります。

月額利用が基本となるのですが、レンタルする広さによってはだいたい月額2000円~借りることができるので、収納問題の不満を解消させることができますよ。

 

トランクルームの詳しい内容に関しては別の記事でまとめてありますので、相場やどんな会社を選べばいいのかなどを確認してみてください。

新しいライフスタイルを手に入れることができるかもしれませんよ。
トランクルームをライフスタイルに取り入れよう!

まとめ

子供が成長していくことで部屋の収納スペースが無くなってしまうという問題はどうしても出てきてしまいます。

モノを捨てるという発想も必要かもしれませんが、トランクルームを活用すると言う別のアイデアを選択する方法もありますので、検討されてみてはいかがでしょうか。

 - 日常 , , ,