子供が低身長の原因は遺伝ではない!治療の前にチェックして欲しいこと

      2016/06/01

子供の低身長の原因は?

私は子供の頃は前から数えた方が早く、他のクラスだったら一番前に並んでいました。

母親は150センチで父親は165センチで私の身長もは165センチほどです。
遺伝だから仕方がないかーと思っていたのですが、実はそうではないそうなのですよ。

いま子供の低身長を気にしている方はその悩みを解決できるかもしれません。



子供が低身長の原因は遺伝ではない

子供が低身長の原因は遺伝だと考えられていました。

私の両親は身長が低く、私自身も男性の平均身長よりも低いので、そう言われたら「やっぱりなー」と思います。
ですが、最近の研究では遺伝が必ずしも低身長の原因ではないそうなのです。

 

実は、遺伝が成長に影響するのは25%だと言われています。

 

その事実を裏付けるデータがあるのですが、1950年の男子の平均身長は160.3センチ、女子の平均身長は148.9センチでしたが、2007年では男子は171.5センチ、女子は158.3センチとなっています。

平均身長は50~60年の間で約10センチも伸びているのです。
つまり、遺伝しか影響しないのならこんなに変わることは証明できないのです。

 

そういわれてみると、私の友達には両親の身長は私と変わらないのに180センチ近くある友達がいます。

 

周りに目を向けてみると確かに遺伝は関係ないと言える事実があります。

子供の低身長は遺伝だけが原因ではないのですね。

子供の低身長を治療することについて

子供の低身長をどうにかするために治療を受けようと思っている方もいるかもしれません。

けれども、低身長だからみんな治療を受けられるかと言ったらそうではありません。

 

治療が受けられるのは医療機関の検査によって医学的に低身長と診断された場合のみです。

 

例えば、有名な話で世界一のサッカー選手バルセロナのリオネル・メッシはホルモンの分泌不足によって身長が伸びませんでした。

それでもサッカーの才能と将来性を見込んで、バルセロナが治療費を負担することで契約をしたという経緯があります。
メッシは医学的に低身長と診断されたから治療が必要だったわけです。

 

なので、いま低身長だから治療を受けられるというわけではないのですよ。

 

そもそも、人間の成長には個人差があります。
同じクラスの子でも4月生まれと3月生まれでは体格に差が出ることもそう珍しいことではありません。

 

低身長の子供をみると成長が周りと比べると遅いように感じますが、成長には個人差がありますので、早熟の子もいれば晩成の子もいます。

ですから、いま小さいからと言って治療を受けようとするのは一度考え直してみてくださいね。



子供の低身長に悩んだときにチェックしてほしいこと

子供の低身長に遺伝は関係なく、医学的に低身長と診断されていないのなら治療は必要ないと書きました。
それでは、どうしてうちの子供は低身長なの?と思うかもしれません。

その時に考えられる原因は生活環境かもしれませんね。

例えば、

・運動は十分にさせているか?
・夜は早く寝て休息時間を確保しているか?
・叱ってばかりいてストレスを与えていないか?

 

など、生活環境の悪化が子供の成長を妨げている可能性が高いです。
そして、生活環境の中でも特に食生活の乱れは成長に大きな影響を与えています。

 

子供の成長はイコール骨の成長。
だからカルシウムを摂れば身長が伸びると勘違いしている人が結構います。

カルシウムはあくまでも骨の土台を強くする成分で骨を伸ばす成分ではありません。
大切なのは質の高い栄養をバランスよく摂取することが必要なのです。

 

野菜をしっかり摂り好き嫌いをなくす。

よく聞くことですがこういった当たり前のことが子供の低身長の悩みを解消する方法なのです。
1年以上かけて気長に成長を見守ることが大切なのですね。

 

 

・・・と説明したもののやっぱり子供の体格は早く成長した方がいいとも思います。
特にスポーツをやっている子供は。

スポーツ、その中でも体をぶつけるサッカーやバスケットや柔道などは体格差がそのまま結果に出ることは小学生・中学生のうちは珍しくありません。

 

私も小学生からずっとサッカーをやっていましたが、小学校6年生の時にトレセン(地域選抜)のテストを受けましたが、身長が140センチしかなく周りと比べると大人と子供のようでした。

テクニックは身長の大きい子と差は感じませんでしたが、身体の強さや足の速さは敵いっこありませんでした。

 

テストには落ちてしまったのですが、もしあの時身体が大きければ・・・と大人になった今でもたまに思うことはあります。

たらればですし、受かったからと言って人生が変わったかはわかりませんけどね。(^^;

いまは子供の身長を伸ばす方法もあるみたいですし、うらやましいなーと思うのは否定できませんけどね。笑
今ならチャレンジできる環境があるのなら何にでも挑戦してみたいですけど。

>>伸び盛りの成長期のお子様の成長に悩むお母さんに朗報!【美味しいのびのびスムージー】

まとめ

子供の低身長は遺伝だけが原因ではありません。
治療を考える方もいますが、医学的に低身長と診断されなければ治療を受けることはできませんよ。

低身長は生活環境、特に栄養が大切になりますので食生活が乱れていないかチェックしましょうね。
好き嫌いをなくすことが成長につながりますよ。
町田野菜とは玉川大学で栽培される栄養のあるレタスだ!

 - 子供 , ,