火災保険の必要性を知って損する前に見積もりすべき理由

   

火災保険は使える!

一軒家を購入したり、マンションの賃貸をするときに火災保険について考えることがあると思います。

火災保険は火事や自然災害の時に家屋や物が破損した住宅の修復の時にしか使わないので、加入する必要がないと考えている方もいますが、その考えだと損をしますよ。

実は火災保険は意外なところにも効力を発揮するのです。



火災保険の必要性とは?

火災保険はどんな時に使うのかのアンケートを取ると、ほぼ100%の方が火事や自然災害で損失が出た時に使うものと答えるようです。

確かに間違いではないのですが、実は火災保険は他の場面でも役に立つのですよ。

 

火災保険の加入パンフレットやホームページを見てみると、補償項目の欄に火災や水災などの他に盗難や破損・汚損といった項目がありますが、火災保険は不測の事故による家庭内の器物破損や盗難なども補償してくれることもあるのです。

基本またはオプションで補償される項目となるのですが、仕組みを知っておくだけでかなりお得になるのですよ。

 

例えば、家で子供がWiiなどのゲームをしているときに誤って手を滑らせてしまい、コントローラーでテレビ画面を割ってしまった場合、わざとではなく、認識なくやってしまった場合は修理に関しても保険の請求ができる場合があります。

他にも、パソコンで作業をしていて飲み物をこぼしてしまってパソコンが故障した場合や、自宅の敷地内で自転車が盗難被害に遭ってしまった場合などでも火災保険でお金が降りる場合もあるのですよ。

 

また、火災保険は自動車保険と違い等級制度がないのが特徴としてありますので、その後の保険料が上がらないというメリットもあるのです。

 

もちろん保険会社によって、保険が降りるかどうかの基準はかわってきますから一概には言えないのですが、火災保険をうまく活用すればお得に活用できることもあるのですよ。

一度保険会社の比較をして自分の生活に合った保険会社を選ぶ必要がありますね。



火災保険を見直そう

現在火災保険に加入している方も火災保険に加入していない方もこの機会に火災保険と言うものを一度見直してみてはいかがでしょうか。

火災保険に加入されている方の多くは不動産会社から提示されたりすすめられた火災保険に加入している方が多いですが、住んでいる地域や建物の構造などで、不要なものなのに補償を依頼しているなんてことも考えられますよ。

 

これは余計な金額を支払うことになりますので、この時点で損をしています。

 

火災保険は自動車保険や生命保険、がん保険などと比べるとどうしてもないがしろにしがちの項目ですが、先程も紹介したようにココを見直すことでかなりお得になりますので、ぜひ見直しをしてみてください。

 

今なら一度の入力で10社以上の保険会社から最適な保険を選ぶことができますし、たった3分で無料見積もりを依頼することができますから、時間をかけずに比較・検討をすることができます。

不動産会社、あるいは銀行から勧められるがままに加入した火災保険とリスクやニーズなど自分にあった火災保険を比べてみると20万円近く安い保険で十分に今よりも快適な生活を送ることができるようになった方もいますので、見積もりだけでもしてみてはいかがでしょうか。

>>火災保険一括見積もり依頼サイト|3分で無料診断♪

まとめ

火災保険は災害の時にだけ使えると思っている方が多いですが、プランによっては盗難や破損などにも対応してくれます。

多くの方が勧められるがままに加入している火災保険ですが、自分で選択することでお得になりますし、節約もできますので、ぜひ火災保険の見直しをしてみてください。

 - 災害・被害 , , ,