路線バスに定員ってあるの?

   

路線バスの定員

電車通勤をしている方は満員電車に辛い思いをしていますが、バス通勤をしている人も満員バスで辛い思いをしていますよね。

ところで、路線バスには定員はどのくらいなのでしょうか。

電車と違い乗用車は乗車定員がありますが、路線バスにも定員は存在するのでしょうか。気になりますよね。



路線バスに定員はあるの?

路線バスの定員についてですが、車種によって違いはあるのもの70~80人くらいが定員とされているようです。

路線バスの場合は座席だけでなく、つり革や手すりがあるので立ったまま乗車することができますから、詰めて乗ろうとすればかなりの人数が乗れるようですね。

 

ですが、実際に満員と感じる人数はだいたい50~60人程度だと言われています。

法定定員まで乗せることはできなくはないけれども、実際にその場にいると乗って欲しくないと思いますし、乗りたくないとも思いますから、定員オーバーまで乗ることはないようですよ。

ですので、定員オーバーで運転するということはほぼないと考えられるのではないでしょうか。

 

あくまでも乗る人の体型などによって変わってくるので一概には言えませんが、かなり混み合って言っても定員を超えるということはないと考えてよさそうです。

 

運転手さんがいちいち乗車人数、降車人数を確認しているとは思えませんが、あまりにも混雑している場合は「次のバスをご利用ください」など安全面の管理はしている(これが安全かはわかりませんが)ので状況によって対応が変わってくるということのようですね。

 




サービス定員と保安定員の違い

電車や路線バスの定員と飛行機や高速バスの定員には違いがあります。

 

電車や路線バスの定員は「サービス定員(旅客定員)」と呼ばれており、通常の運行に支障がない乗車数という意味になります。
電車や路線バスは近距離での運行になるので基本的には安全に運行できるので、このサービス定員が適用されていると考えられていますよ。

 

一方、飛行機や高速バスは「保安定員」という考え方で座席数を超える乗客を乗せてしまうと安全に運行できなくなってしまうので、座席数を超える乗客を乗せることはできなくなり処罰の対象となります。

移動距離や必要な燃料量などで違いがあるということですね。

 

電車や路線バスは定員に達する前に満員になってしまうので、定員オーバーという問題はありませんが、少し考えなければならないと感じるときはありますよね。

 

ルールを守ることは大事ですが、全てにおいてきちんとルールを守るということは窮屈さもありますし、物事を円滑に進めるためには融通も必要だとは思います。

モラルの問題でしょうかね。

まとめ

路線バスにも定員はあります。

路線バスの定員はサービス定員と呼ばれており、座席数よりも多い人数が乗っても問題がないとされているようですね。

基本的には定員に達する前に満員になってしまうので、定員はあってないようなものと認識するのがいいのかもしれません。

 - 雑学・ネタ ,