フライパンは洗い方次第で耐久性が変わる?

   

フライパンは洗い方次第

料理を作ったあとのフライパンってどうしていますか。

私はフライパンについた汚れがこびりつくのが嫌なので、すぐに水にでジュっと湯気を出しながら軽く洗い流して、水につけておく、それでご飯を食べ終わったあとに食器と一緒に洗うようにしています。

私と同じような洗い方をしている人は多いと思いますが、実はの洗い方はあまりよくないそうなのですよ。

フライパンはどのように洗うべきなのかについて知ってみましょう。



フライパンの洗い方が間違っている?

私が行っているようなフライパンの洗い方、要するにフライパンを熱いうちにお水で洗うことはフライパンの加工が傷んでしまうのでよくない方法だと言われています。

もし、熱いままお水につけてしまうとフライパンのコーティングがはがれてしまったり、変形することがあるのだそうですよ。

 

熱したフライパンを水につけて急激に冷やしてしまうことは金属が縮んでしまい、表面をコーティングしている樹脂が耐えられず亀裂が生じたりしてしまうのだそうです。

亀裂が生じてしまうと、そこからコーティングがはがれてしまい、何度も使っていくうちにフライパンを傷めてしまうわけですね。

 

フライパンは炒めるものなのに、傷めてしまってダメにするなんて何とも皮肉なことですね。

 

フライパンの耐久性をアピールしている商品は数多くありますが、ああいった通販商品は使ってみたけれどあんまり良くなかったなんて思っている人もいるかと思いますが、もしかしたら自分の手入れの仕方が間違っていただけなのかもしれませんね。

ですが、冷めてしまったら汚れは落ちにくくなってしまいますからそのまま放って置くわけにはいきませんよね。

 

ならば、フライパンの汚れを落とすにはどのように洗えばいいのでしょうか。



フライパンの正しい洗い方とは?

フライパンの正しい洗い方は、熱いうちに熱いお湯で洗うのが一番いい方法だとされています。

なるほど、その手がありましたね。

 

調理後の熱いフライパンは熱いうちに熱いお湯で洗うことでフライパンを傷めることなく洗うことができるのです。

確かに、金属が縮んで傷んでしまうのは急激に冷やした場合ですから、徐々に冷えていく分には傷むことを避けられますね。

 

フライパンを正しく洗うことができれば長く愛用することができますし、機能も落ちにくくなるので、そのフライパンが持つ特徴をいかんなく発揮することができます。

そうすれば、ガス代やフライパンを買い換える出費を抑えることもできますから、今持っているフライパンを買い換えるときは洗い方を変えてみるといいかもしれません。

 

道具を使う人次第でその道具の価値は変わるのかもしれませんね。

私、反省しないといけないですね。

 - 料理 , ,