生姜焼きは豚肉にハチミツを塗ると柔らかくなる!

   

生姜焼きの豚肉はハチミツで柔らかくなる

豚の生姜焼きは調理工程が簡単で料理初心者や料理が苦手な人でも簡単に作ることができるので、ありがたい料理ではありますよね。

ただ、豚の生姜焼きをつくる上で一つ難点をあげるとするのなら、豚肉が硬くなってしまうという点です。

しかし、硬くなってしまう豚の生姜焼きは豚肉にハチミツを塗ることで柔らかくすることができるのですよ。




生姜焼きの豚肉がハチミツで柔らかくなる理由

生姜焼きを作るときにどうしても豚肉が硬くなってしまうことがありますよね。
そんな悩みはハチミツを使うことで簡単に解決することができるのですよ。

 

ハチミツを塗るとお肉が柔らかくなるということですが、タンパク質が関係していると分析されています。

お肉は焼くとタンパク質が縮んでしまうために硬くなってしまうのですが、ハチミツに含まれている糖分がタンパク質に浸透することで加熱されてもお肉が縮むことを防いでくれる効果があるのだそうですね。

 

さらに、ハチミツには保水効果があるので、お肉の水分を閉じ込めて普通に焼くよりもジューシーに仕上がるというメリットも生まれます。

ですので、安いお肉でもハチミツを使うことで柔らかくてジューシーな生姜焼きを作ることが可能になるわけですね。

 

何事にもメリットがあればデメリットが存在しますが、ハチミツを塗ることで生まれるデメリットとしては普段通りの調味料で作ってしまうと若干甘めになってしまうことがあるということでしょうか。

その点についての注意点を詳しく説明するために次で作り方について紹介していきますね。




ハチミツを使った生姜焼きの作り方

準備の段階でまず豚肉にハチミツを塗り、30分程度放置します。
その後、いつも作っているしょうがなどのほかの調味料を加えて、普通に焼いてください。

 

とても簡単ですよね。
でも、これだけで柔らかい生姜焼きができあがりますよ。

 

ポイントとしてはハチミツはたっぷりとまんべんなく塗ることと、砂糖やみりんなどの甘味のある調味料は控えめにしておくといいですね。

私は2度ほど実際に作ってみたのですが、最初に作った時は結構甘めになってしまいました。

 

2回目に作ったときは砂糖は使わず、みりんの量も減らしたことでほぼ普段と変わらない味で生姜焼きを作ることができましたよ。

料理は一手間加えるだけで美味しくなると言われますが、生姜焼きにハチミツを塗るという一手間を加えるだけで美味しくなりますので試してみてくださいね。

ちなみに、ハンバーグがゆるくなってしまうのも改善する方法がありますので、確認してみてくださいね。
ハンバーグがゆるい原因は?パン粉の他にタネを固くするには?

 

 

 - 料理 , , ,