楽天ポイントを現金化する方法は?そのまま使うのがいい?

      2016/12/01

楽天ポイント現金化の方法

気がついたらどんどん貯まっていく楽天ポイントですが、楽天市場の通販を利用しない方には使い道がないかもしれません。

そこで現金化できないかと考えるかもしれませんが、そんな方法はあるのでしょうか。

現金化するのがいいのか?そのまま使うのがいいのか?
その比較をしてみましょう。



楽天ポイントを現金化する方法は?

残念ながら楽天ポイントをそのまま現金に換えることはできませんが、楽天ポイントを現金化する方法はあります。

少々面倒な手順が必要ですが、図書カードなどのギフト券に一度換えて、それを金券ショップで換金してもらう方法です。

 

楽天ランキングでギフト券などが上位に入ってくることがたまにありますが、その理由は楽天ポイントを換金するためなのです。

 

金券ショップを利用されたことがある方はおわかりだと思いますが、金券の換金は実際の価格よりも下がってしまいます。

換金率は地域によって変わってきますがだいたい92~97%くらいが相場ではないでしょうか。
ですので、もし5000ポイントで5000円のギフト券を買ったら、4600~4850円くらいの現金が手に入ります。

もし、ギフト券を購入して換金する時にはポイントがありますので、そのポイントと押さえておきましょう。ギフト券を換金するときに換金レートが高いものには2つの特徴があります。

その2つとは「金額が高いもの」と「需要があるもの」です。

「金額が高いもの」というのはどういった場合かというと、例えば三越の商品券を購入して換金しようと思ったとしますよね。その時に1,000円券と10,000円券の2つがあったとしますが、この時には金額の高い10,000円券を選ぶようにしましょうということです。

これは金額の高い方がレートが高くなる傾向にあり、1~2%は金額に差が出てきます。ですので、三越の商品券のレートが1,000円券で96%、10,000円券で97%だとしたら、1,000円券を10枚買ったときは現金9,600円、10,000円券を1枚買ったときは9,700円と差が生まれてきますので、損する恐れがありますよ。

また、「需要があるもの」を選ぶのも大切です。購入価格が一緒ならどこでも同じと思う人がいますが、実際はそうではありません。

例えば、ベスト電器のギフト券とビッグカメラのギフト券では差が20%離れていることもあります。10,000円分購入したら、7,000円と9,000円と言うように2,000円も違いが生まれることも珍しくありません。

毎日レートは変化するものですので、これよりも差が小さい場合もありますし、差が広がることもあります。ですので、どのギフト券でも一緒という考えは捨てましょう。

ところで、「需要のあるもの」と書きましたが、どんなものが需要が高いのかというのがわかりませんよね。これは簡単に言ってしまえば、全国で使えるギフト券に換金しましょうということになります。

高島屋や西武、伊勢丹や三越などの大手百貨店のものだったりマクドナルドなどのチェーン店は換金率が高いので現金化するときにお得ですよ。

つまり、簡単にまとめるなら全国で使える10,000円券を購入すれば現金化した時に損する金額が少ないということになります。

ちなみに、金券チケット買取の大黒屋で調べたところで一番高かったのはJCBギフトカード5,000円分で97.5%となっていましたよ。
 

感覚としてはせどりに近いかもしれませんね。

せどりは商品を安い価格で手に入れて仕入れ価格よりも高い価格で売ってその差額で利益を出すというものです。

せどりのように掘り出し物があるわけではないので元金以上の金額になることはほとんどありませんが、確実に現金を手に入れるならギフト券を購入して換金する方法が現金化するには一番いいでしょう。

楽天ポイントはそのまま使うのがいい?

楽天ポイントはポイントのまま使うのが一番効率がいいでしょう。
1ポイント=1円というのは相当優れた価値を持っていますからね。

ですが、楽天ポイントの使い道がないと思っている方は多いです。

 

私は楽天の通販や楽天トラベルをよく利用するのでその時にポイントを消費するのですが、通販や旅行をあまりしない人にとっては確かにポイントは使わないですよね。

 

・・・とは私は思いません!

 

このように感じる方は楽天ポイントを使えないのではなくて、使い方を知らないだけなのです。
楽天ポイントは何もモノを買うためだけに使うポイントではありません。

 

例えば、楽天銀行では手数料に対してポイントを充当することができます。

地味に手数料の出費って痛手ですからね。
意外とこれは嬉しかったりしますよ^^

楽天銀行はネット銀行ですが、もしネット銀行を開設していないのならこの機会に口座開設をしておくことをおすすめします。

 

ネット銀行は株やFXだけでなくポイントサイトやアンケートサイトなどの換金には非常に便利です。
便利なだけでなく、手数料が安かったり利子も低いですが大手銀行よりはマシですよ。

>>楽天銀行!無料口座開設はコチラ

また、楽天ポイントは他の楽天のサービスにも使えます。

その中でも私もたまに利用していてこれはいいなと思う使い方があるのでいくつか紹介します。

 

楽天SHOWTIME

全ての有料コンテンツ購入時に1ポイント=1円として使うことができます。

アニメやドラマをはじめあらゆるジャンルの動画を観ることができますよ。

 

ラクーポン

クーポンを購入の際、1ポイント=1円として買えます。

節約しなきゃいけないけど外食したいときに使うことがありますね。
外食の節約方法はランチが夕食よりも優秀?クーポンもおすすめ!

 

楽天デリバリー

ネットで出前・宅配注文ができるデリバリーサイトです。

ピザやお弁当などの宅配注文に1ポイント=1円で使えますから、友達が遊びにくるときなんかにおすすめですよ。

 

 

いま紹介したのは私が利用したことがあるものですが、他にもオークションや美容室の予約、ゴルフ場検索に写真プリントなどいろんなことに楽天ポイントは使えます。

 

楽天ポイントって意外と使い道がありますよね。

楽天ポイントが貯まっているのに使っていないのならこのような使い方をした方が絶対に生活が豊かになりますよ。

>>楽天のサービスで楽天ポイントを消費する!

楽天Edyもおすすめ!

楽天ポイントをそのまま使いたくない、何とかして日常生活に役立てたいという方は楽天Edyを利用することもおすすめですよ。

楽天Edyとはいわゆる電子マネーのことですが、楽天スーパーポイントをそのまま電子マネーにすることができるというものです。

つまりコンビニでも使用することができるので、日常生活のちょっとした支払いにも使うことができるということですね。

楽天Edyの最大のメリットは1ポイント=1円で交換することができるということです。つまり、楽天Edyにすればポイントを失うことがなく、その上で日常生活でも使えるようになるということですよ。

楽天Edyを使用するためには楽天カードに申し込む必要がありますが、楽天カードは入会金も年会費も一切かかりませんので持っていて損することはありませんし、すでに楽天カードを持っていればEdyの機能を新しく追加することができますので、使い道がなかったと悩んでいた楽天ポイントも無事に使うことができるでしょう。

通販や楽天のサービスをあまり利用しないという方は楽天Edyが一番いいかもしれません。

>>楽天Edyを利用する方はコチラ:楽天市場

まとめ

楽天ポイントをそのまま現金に換える方法はありません。
現金化したいのなら一度ギフト券に変えてから金券ショップで現金に換える必要があります。

ですが、楽天ポイントはポイントのまま使う方が楽ですし、楽天Edyを利用すればコンビニなどでも使うことができるので、日常生活でも利用することはできますよ。

通販以外にもいろんなサービスで使えるので自分にあった使い方を見つけてみてはいかがでしょうか。

 - 日常 , , ,