受験生の花粉症対策はどうする?薬に頼らないで試験を乗り切ろう!

      2016/12/01

受験生の花粉症対策はこうしよう!

受験生にとって試験は一年に一度の勝負の日です。

その日の出来次第でどこの高校に行くのか、滑り止めの大学に行くのかが決まってしまいますからね。

もし浪人となるとお金の負担もかかりますし、受験生のみならず家族にとっても大きなポイントであることに間違いはありません。

受験は1~3月に行われるので、予防注射を打つなど風邪やインフルエンザ対策をしている人は多いですが、花粉症対策に関しては
あまり重要視されていませんよね。

ですが、花粉症対策もしっかりと行う必要がありますよ。



受験生の花粉症対策

受験は一生に一度の大勝負でもありますし、毎日何時間も勉強し続けた日々がたった1日の結果で今後が決まってしまう重要な日です。
その日に万全な対策をして風邪をひかないように受験生だけでなく、家族も体調管理に余念がありません。

 

受験生の多くが予防接種を受け、風邪対策をしている一方で、意外と盲点となっているのが花粉症対策です。

花粉症の症状は人によって春と秋の大きく2つの時期に出やすいですが、多くの人が春先の花粉症に悩まされているのですよ。

早ければ1月頃から春先の花粉症の症状が出始め、2週間から1ヶ月くらいの期間で鼻水や鼻づまりの症状に悩まされます。

 

花粉症によって鼻水や鼻づまりの症状が引き起こされると試験が集中できなくなってしまうので、人生をかけた大勝負の舞台で力を発揮することなく終わってしまうことも考えられますね。

試験は時間配分がもっとも大事ですから少しの時間でも集中できない時間帯があればそれだけで、5点から10点失うこともあります。

受験において5点は致命傷とも言えますから、花粉症で受験に失敗するということは十分考えられますよ。

 

寒い季節なので風邪に対しては対策をしていても、花粉症の対策は軽視されがちできちんと対策をしている人は少ないです。

ですが、はっきり申し上げて受験にとっては風邪よりも花粉症の方が厄介ですよ。
なぜなら、花粉症は症状が発症する期間が長いからです。

風邪は一日で治ることもありますが、花粉症は昨日今日で治ることはほぼありません。
一定期間は症状が続きます。

 

花粉症の対策として、試験当日に薬を服用する方もいますが、薬の副作用によって眠気がでてしまうことも考えられます。

 

試験会場は暖房が効いていて、気持ちのいい温度だったりしますから、薬によってふいに眠気が襲ってくることはありますよ。
ですので、受験生にとって花粉症を薬で対策することは非常に危険です。


受験生の花粉症は薬で治すな!

受験生の花粉症は薬で治してはいけません。
これは試験中に睡魔に襲われてしまう危険性があるからです。

特に普段薬を使っていない人にとっては耐性ができていないですから、より強い眠気に襲われる可能性が高いですよ。

 

では、受験生はどのように花粉症対策をしたらいいのでしょうか。

ポイントとなるのは眠気を引き起こさないで花粉症の症状を抑えるということです。

 

一つの提案方法として紹介されているのはお茶の効果で花粉症の症状を抑えるというものが挙げられますよ。

「えぞ式すーすー茶」というお茶があるのですが、このお茶に使用されている茶葉の作用によって鼻水や鼻づまりの症状を抑えることが期待できます。

 

このお茶の強みはノンカフェインなので眠気がでてしまうという副作用がありません。

ですので、受験生にとってはかなり重宝すると思いますよ。
実際に「えぞ式すーすー茶」の体験談を紹介している方がいましたので、そちらのサイトを紹介しておきますね。

>>えぞ式すーすー茶の体験談と効果が出るまでの期間

 

ノンカフェインで眠気が出ないというメリットがありますが、薬ではないので即効性がないというデメリットがあります。

実際に使用された方の意見を見ると早くて一週間前後で効果が出るようなので、早めに対策をしておくといいかもしれませんよ。

受験生の花粉症対策に試してみてくださいね。

http://1k-life.com/



 - 子供 , , , ,