秋鮭と銀鮭と紅鮭の違いって何?味に差はあるの?

   

秋鮭と銀鮭と紅鮭の違いって何?

鮭の切り身は朝食にも晩ご飯に食べますし、おにぎりに入れても美味しいので、子供からお年寄りまでたくさんの方に食べられていますよね。

ところで、スーパーの鮮魚売り場や魚屋さんで鮭を買おうと思ったとき、秋鮭や銀鮭、紅鮭などいくつか種類があります。

これらの違いは一体どこにあるのでしょうか。




秋鮭と銀鮭と紅鮭の違い

秋鮭と銀鮭と紅鮭など鮭にはいろんな切り身が販売されていますが、これらの違いは鮭の種類によるものなのですよ。

鮭にたくさんの種類がいるイメージがないので意外かもしれませんね。

 

タイトルにも書いてあるように秋鮭と銀鮭と紅鮭などいろんな名前の鮭がありますが、これらは一体どんな種類の鮭なのでしょうか。
まず、秋鮭は主に北海道や東北地方の近海に生息しています。特徴としては青や紫色のかかったストライプ模様が言われていますよ。

 

秋鮭の正式名称は白鮭と呼ばれているのですが、秋から冬にかけて獲られるので、秋鮭と一般的に呼ばれているのですね。

ちなみに、春から夏に獲られる白鮭はトキシラズと言われています。
もしかしたら聞いたことがあるかもしれませんね。

お歳暮の時期に送る新巻鮭がありますが、あれは秋鮭を塩漬けにして作られているのが一般的なので、何となくいい鮭の印象がありますね。

 

続いて銀鮭ですが、こちらは主に南米沖、チリで獲られています。
特徴としては黒い斑点がありますよ。

銀鮭はスーパーではよく見かけますし、比較的お値段も安いので私はよく購入します。
安い理由は輸入していることが理由として考えられそうですね。

 

最後に紅鮭ですが、こちらは北太平洋などに生息し、銀鮭と同様に日本では獲られていない種類の鮭になります。
特徴としては上半分が青みを帯びていて、見た目が非常に美しいですよ。

また、産卵期になるとこの青みが真っ赤に染まり非常に美しい紅色になります。
このことから紅鮭と呼ばれているのですね。

紅鮭は他の2つの鮭とは違い身が特に赤く身まで美しいのですよ。

 

以上のように秋鮭と銀鮭と紅鮭は種類が違う鮭なのです。



秋鮭と銀鮭と紅鮭に味の違いはあるの?

秋鮭と銀鮭と紅鮭は鮭の種類が違うということがわかり、また特徴やとれる場所もそれぞれ違うということが分かりました。

となると気になるのは味ですが、やはり味も全然違うのですね。
特に脂ののり方が全然違うと言われていますよ。

 

一番脂がのっているのは銀鮭で2番目に脂がのっているのは紅鮭、秋鮭は一番脂が少ないと言われています。

脂ののり方が違うということは味も違っているということですが、どれが美味しいかと聞かれると一概には言えないのですね。

というのも、脂ののり方が違うということは美味しいかどうかではなく、適した料理がそれぞれで違っているからなのです。

例えば脂の少ない秋鮭はバターや油を使ってもさっぱりした味わいになるので、フライやホイル焼き、ムニエルなどの料理に適しているとされていますよ。

 

2番目に脂の多い紅鮭は鮭ならではの味わいを1番感じられるので、焼き鮭にして食べるのがおすすめです。

そうすると、コンビニでおにぎりを購入するときに使われているのが紅鮭というのも納得がいきますね。

 

最も脂の多い銀鮭は身から脂が溶け出して美味しいダシになるのでシチューやお鍋などに入れて食べると美味しさが引き立ちますよ。
安いからといって銀鮭を選べばいいわけではないのですね。笑

 

以上のような違いがありますので、秋鮭と銀鮭と紅鮭などどの鮭を選べばいいか迷ったときはどんな料理を作るかをイメージして選ぶといいでしょう。

内蔵の食べられる魚と食べない魚の違いって何?

 

 - 料理