真っ赤に紅葉する木としない木の違いってどこにあるの?

   

真っ赤に紅葉する木としない木の違いってどこにあるの?

日本の美しさは四季によってもたらされると言っても過言ではないくらい、季節によってその自然の様子は変わっていきますよね。
特に美しさでいうと10月~11月頃にかけての紅葉シーズンではないでしょうか。

いろは坂、嵐山など色とりどり紅葉を見ていると日本に生まれてよかったと思うこともあると思います。

ところで、紅葉スポットに行っても赤や黄色に色づかず緑の葉のままの木もありますよね。
あれは一体なぜなのでしょうか。

紅葉する木としない木の違いってどこにあるのか知ってみましょう。




真っ赤に紅葉する木としない木の違い

赤や黄色に紅葉する木と紅葉しない木の大きな違いは乾燥しやすい葉っぱを持っているかどうかだと考れらています。

紅葉する木で代表的なものと言えばイチョウやカエデなどですが、実はこれらの葉っぱは葉が乾燥しやすいのだそうですよ。

 

なぜ葉っぱが乾燥しやすいと紅葉するのか気になりますが、この理由を知るためには葉っぱに色がつく仕組みについて理解しておく必要があります。

通常葉っぱの表面というのは緑色と黄色の色素が並んでできているのですが、緑色の色素の方が量が多いので、葉っぱ全体は緑色に見えるのですね。

しかし、冬が近づいて空気が乾燥してくると葉に含まれていた水分が減り、葉が乾燥してきます。そうすると緑色の色素がなくなっていくので、黄色く見えてくるようになっていくのですよ。

黄色の色素だけが見えている状態になっているのですね。

 

赤く紅葉する葉っぱもこれど同様に、緑色の色素が乾燥によって落ちてきて黄色い色素が見えてくるのですが、この時に緑色の色素が赤い色素であるアントシアニンを作り出します。

ですので、真っ赤に見える葉っぱができるということになるのですね。

 

イチョウの葉が黄色く紅葉するのとカエデの葉が赤く紅葉するのはアントシアニンを持っているかどうかという違いになります。

神宮外苑あたりの紅葉が黄色く色付き、葉が落ちて黄色いジュウタンになるのはアントシアニンを持っていないイチョウの葉だからだと考えられますね。

 

ちなみに、黄色く紅葉するイチョウや赤く紅葉するカエデは紅葉が終わると葉が落ちる落葉樹と言われていますが、イチョウよりもカエデの方が長く生きています。

これはアントシアニンに老化防止の効果があると考えられているからなのですね。

 

サプリメントを選ぶときはこのアントシアニンを含んでいるものを選ぶと老化防止が期待できるかもしれませんよ。


なぜ紅葉しない木があるの?

紅葉する木としない木の違いは葉が乾燥するかどうかにあるということが分かりましたが、なぜ葉が乾燥しないものあるのでしょうか。

葉が乾燥しない木としてマツやスギが挙げられるのですが、葉が乾燥しないのは葉の表面がロウのような膜で覆われていて、葉の中の水分が外へ出てきにくいという特徴があるからなのです。

 

マツやスギの葉っぱをよく見てみると葉に光沢があるのが確認できると思いますが、これはロウのような膜でコーティングしているということなのですね。

マツやスギの葉のコーティングをはがしたら黄色とまではいかないものの色が黄緑色っぽくなり紅葉していくこともあるそうですよ。

ちなみに、マツやスギなど常に葉が付いている木は常緑樹と言われています。

まとめ

真っ赤に紅葉する木としない木の違いは、まず葉が乾燥しやすいかどうかにあります。
葉が乾燥しやすいと黄色や赤色に紅葉していくのですね。

真っ赤に紅葉するのはアントシアニンを持っているかどうかとなっており、赤い紅葉の方が長生きするとされていますよ。

紅葉して変わっていく美しさもありますが、それは紅葉しない木があるからとも考えられます。
変わらない素晴らしさも感じることができますし、紅葉っていいものですね。

 - 雑学・ネタ , ,