スーツのクリーニングの出し方がわからない!注意点はココで確認!

   

スーツのクリーニングの出し方

結婚式や法事、就職活動など普段スーツを着る機会があまりない人にとってはクリーニングのときどんな風に出したらいいのかわからなかったりしますよね。

なんて言えばいいのか、そもそもどんな風に持っていったらいいのか。

初めてスーツをクリーニングを出す人もここで確認すれば安心して利用できますので、不安を解消させましょう。




スーツのクリーニングの出し方

スーツをクリーニングに出すとき、どんな風に持っていけばいいのか、注文したらいいのかわからないですよね。

私は社会人になったときに初めてクリーニング屋に自分でスーツを出しに行ったのですが、その時にどんな風に注文したらいいのかわからなくて戸惑った記憶があります。

 

ですが、特に心配するようなことはありませんでした。
今では何も問題なくやりとりしていますので、その経験を紹介しておきますね。

 

まず、スーツの持って行き方ですが、どんな風に持って行っても構いません。

むき出しのまま持って行ってもいいですが、クリーニング屋まで距離があるのなら紙袋に入れていってもいいですし、大きめのバッグに詰めて持って行くのがいいでしょう。

また、注文するときも「スーツとワイシャツのクリーニングをお願いします」と言えば、あとは店員さんが勝手に進めてくれるので、「○月○日の○時頃に仕上がります」のように伝えられて支払いをして終了です。

 

お店によっては手順が違ったり、洗濯の仕方を聞かれることもありますが、特に何もなければ「特に希望はありません」と言えばいいですし、逆に気になるシミがある場合は「スーツの肩の部分にシミがついています」と伝えておくといいかもしれません。

 

ちなみに、私が昔利用したことのあるクリーニング屋の中にはワイシャツのクリーニングの時、香りを選べるサービスがありました。

ヒノキの香りなど3種類くらいから香りを選択することができ、どんな風にするか聞かれましたよ。

 

サンプルを嗅いだけれども、あまり得意な匂いではなかったので無香料のものを選びましたが、お店によっていろんなサービスがありますので、利用してみるのもいいかもしれませんね。



クリーニングを出すときの注意点

スーツをクリーニング屋に持っていく時や注文方法などについては特に心配することはありませんが、注意点がありますのでお伝えしておきます。

まず、スーツやワイシャツのポケットに何かものが入っていないか確認して、取り出しておきましょう。

お店に出した段階で店員さんが確認してくれるのですが、預かってもらうことはできず、その場で受け取って持ち帰る必要があるので、邪魔になってしまう可能性があります。

普段あまり使わない内ポケットにたまたまお金が入ってたなんて思わぬラッキーが起こることもありますので、しっかりと確認しておきましょう。

 

また、スーツを自宅のクローゼットなりに保管しているとき、スーツ専用の黒いカバーであったり、ハンガーにかけていることがあると思いますが、これは一緒に持っていかない方がいいですよ。

持ち帰るハメになってしまいますし、場合によっては捨てられてしまうなんてこともあるみたいですので、スーツを持って行く時はクリーニングして欲しいものだけをもって行くようにしましょう。

 

この他に注意しておきたいのはレシートをなくさないようにしておくことですね。

基本的にクリーニングは前払いで先にお金を支払うのですが、その時にもらうレシートが引換券となることが一般的ですので、普段レシートを受け取らない人は「レシートはいりません」などと言わないようにしましょう。

受け取りに行くときもレシートを忘れずに持っていくとスムーズに受け渡しができますよ。

 

スーツをクリーニングに出すときの注意点をまとめると「ポケットの中身の確認」「カバーやハンガーは持っていかない」「レシートを捨てない」といったところが挙げられるでしょう。

 

その他の疑問は直接店員さんに聞くといいですね。

クリーニングの基本情報

スーツをクリーニングに出す方法も注意点もわかったと思いますので、最後に補足説明として基本情報を紹介しておきますね。

まず、気になるお値段についてですが、スーツ上下でだいたい1000円前後と行ったところでしょうか。
仕上がりまでの期間は早くて翌日、3日前後を想定しておくといいかもしれません。

 

当たり前ですが、お店によってシステムが多少違うので、明確な価格や期間というのはお店ごとに確認する必要がありますので、目安として受け取ってもらえればと思います。

 

クリーニング店にはチェーン店と個人店がありますが、安さと早さはチェーン店の方がいいかなと思います。
一気に大量の服をクリーニングするので、効率がいいのですね。

一方、個人店は値段は高いけれど、質も高い印象があります。
一つ一つに時間をかけるので丁寧な仕上がりになる傾向が高いですね。

 

どちらも一定の質と価格帯となっていますので、頻繁にスーツを着る人はチェーン店、あまり着ない人は個人店、クリーニング屋に行くのが面倒な人は自宅から近い店を選ぶといいかもしれません。

最近では宅配クリーニングのサービスも充実していますし、忙しくてクリーニング屋に行けない人は宅配クリーニングが一番おすすめかもしれませんね。

 

>>クリーニングは宅配でラクラク!ネクシー

まとめ

初めてスーツを出す人や久しぶりにクリーニング屋を利用するとどんな風に持っていけばいいのか意外とわからないことがありますよね。

ですが、基本的にはここで紹介したことを確認してもらえれば問題なく、利用できますよ。
また忘れてしまったら再び確認しに来てくださいね。

 - 日常 , , ,