忘年会の余興を簡単に盛り上げるギターのすすめ!ポイントはギャップ!

   

忘年会の余興を簡単に盛り上げるギターのすすめ!

年末が近づいてくる忘年会の予定も入ってくる時期です。

年末といえば忘年会、忘年会といえば余興。
新人はもちろん、先輩社員も毎年何をすればいいのか頭を悩ませますよね。

どんなことをしたら盛り上がるのかというのは意外と簡単で、それは「ギャップを見せること」です。

普段のあなたから想像できない姿を見せることができれば、場は盛り上がるのですよ。

そこで、ギターを弾くというのはいかがでしょうか。
たった30日で、憧れのギターをスラスラ弾けるようになる方法があるみたいですよ。



忘年会の余興を簡単に盛り上げる方法

忘年会の余興を簡単に盛り上げる方法は先ほども紹介したように「ギャップを見せること」です。

普段は真面目そうで話しかけてもあまり楽しくなかった人が年に一度の年末の忘年会で、その印象を変え、普段の会社でも上司や後輩など周りの社員との接し方にプラスの変化をもたらすことは毎年どこかの会社では起きることなのですよ。

反対に評価を下げる人もいますが。笑

 

そういったたった一度のきっかけで環境を変えるチャンスというのは人間誰しもに訪れるのですが、大人になるとその環境を変えるきっかけが少なくなってしまうのですね。

例えば、中学生・高校生の頃はクラス替えや体育祭、文化祭などがあったと思いますが、学生は勉強して、部活して、習い事をしてという決まりきったルーティーンを過ごしていても強制的に環境が変わるきっかけがあります。

しかし、大人になって会社勤めをすると、強制的に環境が変わることはほぼなく、人事異動などで強制的に環境が変わることはルーティーンも変えなければならないので、負担が大きいです。

ですので、環境を変えることが可能な状況にあっても自ら積極的には環境を変えていこうとはならないのですね。

 

だからこそ、年末の忘年会はチャンスなのです!

これまでと同じルーティーンで過ごしてもいい環境にありつつ、自分を積極的に変えることができるチャンスが自動的に与えられているからですね。

そこで、いいインパクトを与えるためには忘年会の余興で盛り上がるきっかけを作ることが必要になるのです。

 

インパクトを与えるものってなんだろうと考えたときにギターは意外と優れた効果を持っているのですよ。



忘年会の余興でギターがもたらすもの

忘年会の余興でギターをおすすめするのには大きく3つの理由があります。

忘年会の余興でギターがおすすめな理由1:音楽は盛り上がる

忘年会の余興では女子がダンスをしたり、カラオケ大会が行なわれたり、することが多く実際盛り上がることが多いのですが、この2つには共通点があります。

その共通点とは「音楽」です。

人間は本能的に音楽に心地よさを感じる生き物なのですよ。

例えば、街中では何らかの音楽が流れていますし、電車に乗ればイヤホンで音楽を聴いている人もいますし、夕方のチャイムもあれだけ大きな音がしてるのに、「うるさい!」と思う人はほとんどおらず、「もう5時か」と時間に気づくか、そもそも「今日チャイムなったっけ?」とそのことすら気づかない人もいます。

 

つまり音楽は耳馴染みがあるので、盛り上がりやすく、また好みのジャンルがあるので、特定の誰かに響くということが起きやすいのですね。

忘年会の余興に音楽はマッチするのですよ。

忘年会の余興でギターがおすすめな理由2:かっこいい

バンドマン、アーティスト、パフォーマー、モテますよね。
音楽をやっている人はなぜだか男女問わずかっこよく見えるのです。

ここで大事なのは「音楽をやってる人」がかっこよく見えるという点です。
「音楽ができる人」がかっこいいわけじゃないのですよ。

 

楽器をやったことがない人にとっては簡単な演奏でも「すごいなー」って思うものですし、もしあなたが楽器をやったことがなければ、それはヒシヒシと感じる部分があるのではないでしょうか。

音楽にはかっこよさがあるのです。

 

かっこいいというのは、いい印象を与えるということですから、普段はマイナスかも知れない評価が一気にプラスに変わる可能性が秘められているのですね。

忘年会の余興でギターがおすすめな理由3:意外と簡単

ギターを弾くと聞くと「難しそう」と思うかもしれません。

確かにある程度のレベル、ギターだけで感動させようと思うレベルになるには相当な練習が必要となるでしょうが、ギターで音を出せと言われたら「それならできそう」と思いませんか。

そうです。ギターは音を出すのはピアノと同じくらい簡単な楽器なのです。

 

バイオリンやトランペットなどは楽器未経験者は音を出すことがまずできず、形だけで終わってしまうのですが、ギターにはその心配は必要ありません。

音は誰でも出せます。

難しいと思っているのはアーティストのような高いレベルをイメージしているからで、趣味としてなら実はそこまで難しい楽器ではないのですよ。

 

 

以上の3つが忘年会の余興でギターをおすすめする理由となります。

だんだん、想像しただけでも盛り上がってる絵が浮かんできたのではないでしょうか。

ギターを弾くためには最短で30日必要!

いざギターを弾こうと思ってもどのくらいの期間、練習が必要になるかというのは人によって違いますが、最短で30日で弾けるようになる方法があります。

それは「30日でマスターする【ギター講座 教本&DVD】」という教材です。

>>30日でマスターする【ギター講座 教本&DVD】:公式サイト

通信教育なので、なんとなく怪しいかなと思ったのですが、サイトを見てみると実にしっかりとしていて、少なくとも詐欺ではないと判断できると思いました。

「ギターの腕前が今よりも上達したい!」という方ではなく、「これからギターを始めたい!」という方に向けた教材となっていたので、ギター未経験者にはおすすめできると思いますよ。

30日でマスターすると書いてありますが、昔ギターをかじってた経験がある人なら、もうすこし早くマスターすることも可能なのではないでしょうか。

 

忘年会まで時間がないというでも、最低限の音の出し方などを知っていればお笑い芸人みたいに音楽ネタなんてこともできるはずです。

そう言われてみると、営業でものすごく稼いでいると言われている「テツ&トモ」はギターとダンスの組み合わせですよね。
やはりこの組み合わせ(音楽)というのはイベントなどで盛り上がる要素を持っているのかもしれません。

忘年会の余興で自分の評価を変えたいのならギター、いいと思いますよ!



 - イベント , , , ,