父の日に赤ちゃんからプレゼント!手作りでできるものは?

      2016/06/03

父の日と赤ちゃん
母の日よりも父の日のほうが、悩む方はいらっしゃると思われます。

特に小さなお子さまがいる家庭のお母さんなんて、旦那に何を作ろうかな、子供も小さいしどこかで買ってあげちゃおうかなと思いになるんではないでしょうか。

そこで、ベビーと幼児リトミックをしている知り合いからのアドバイスを紹介します。




父の日に赤ちゃんから手作りプレゼント:準備するもの

リトミックは季節に合わせて、赤ちゃんたち、子供たちに色んな物を作ってもらうというのがカリキュラムに組まれています。

個人的なアイデアですが、ご紹介致しますね。

 

A3サイズの画用紙を一枚用意してください。
そしてクレヨンと折り紙(何色でもok)とノリだけあれば、作れます。

A3サイズがなければ、それより小さい画用紙でも構いません。

 

普通の紙ですと、くしゃっとなってしまう恐れがありますので、出来れば画用紙がおすすめです。

父の日に赤ちゃんから手作りプレゼント:作業手順

1.A3サイズの紙に、子供におもいっきりグチャグチャに色を塗ってもらいます。
何色を使っても構いません。むしろ、個性的な方が可愛いですよ。

 

2.もうひとつの画用紙にはお子さんの手形を作ります。
お母様がお子さんの両手をなぞってあげてください。
そして、その手形を切ります。

もし兄弟がいる場合は、その手形を切る前に、うすだいだい色で手を塗らしてあげても面白いですよ。

 

3.折り紙をなるべく小さくちぎります。
何枚かちぎっとくと、楽です。お子さんもちぎるのを喜ぶはずです。

 

4.最初に塗ったA3の画用紙に、液体タイプのノリ、なければスティックのり、ボンドを使って、真ん中にカタカナで『パパ』と書いてあげてください。

 

5.書いたノリが乾かないうちに、上から折り紙をちらしてください。

 

6.切っておいた両手の手形を『パパ』の文字の両サイドに貼る。

 

7.乾いたら完成です。余ったところに写真を小さく切って貼るのもありですよ。

 

こんな感じで、プレゼントができあがります。
親子で楽しめるので、作った時の達成感がたまりませんよ。

折り紙をちぎるところは、最初にお子さんにちぎってもらって、後でお母様が細かくちぎると、より良いでしょう。

※2~3歳児のお子さまがいる家庭向けにイメージして書きました。



まとめ

参考までではありますが、手形というのはその時の大きさの思い出がたくさんつまっているものなので、プレゼントには良いですよね。

是非、試してみてください。

 - イベント , ,