タイヤのスキール音がもたらす危険性と交換の必要性

blogersss

   

仕事や買い物などで毎日車を運転する人もいると思いますが、車の運転頻度が高ければタイヤにかかる負担も大きくなります。

ところで、タイヤのスキール音について知っていますか?

スキール音がすると事故を起こす危険性が高いだけでなく、周囲にも迷惑をかけてしまいますので、交換することをおすすめしますよ。

事故を未然に防ぐためにも知っているようで詳しくは知らない車のタイヤについて知っておきましょう。




タイヤのスキール音とは?

車の運転頻度や走行距離が長いとタイヤからスキール音がすることがあります。
すでに知っているよという方もいると思いますが、まずはスキール音について知っておきましょう。

 

スキール音(squeal[skwiːl]「スクウィール」)とは、乗り物の車輪と路面が擦れ合う際に発生する音のことである。
引用元:スキール音(Wikipedia)

 

急ブレーキをする時に「キキーッ」という音がしますが、いわゆるあれがスキール音ですね。
実際に耳にすると結構不快な音です。

普段車を運転しない人や住宅街に住んでいる人は車のタイヤのスキール音は聞いたことがないかもしれませんが、スキール音は車だけではなく電車でも耳にすることがあります。

 

レールと車輪が擦れるときに「キー」「キュキュ」と高い音が発生しますが、あれもスキール音ですので、車を運転しない人でも耳にすることはあると思います。

このスキール音の原因はタイヤのゴムと地面との間に起きる摩擦なのですが、摩擦によって止まったりすべったりすることがありますが、あの現象が起きるときに音が発生するのですね。

 

摩擦を起こしているということは簡単に言えば「良くないことが起きている」ということですから、タイヤのスキール音がしたら注意しないといけないですよ。

それは、タイヤからスキール音がするということは危険なことが起きる、あるいは起きたということがいるからです。


スキール音の危険性とは?

スキール音がするということは緊急事態が起きているということはなんとなく理解できると思いますが、具体的にはどんな危険性が起きるのでしょうか。

まず、思い浮かぶのはブレーキでしょう。

 

スキール音は急ブレーキをかけたときによく鳴ると思いますが、急ブレーキをかけるということは緊急事態が起きているということですので、すでに危険な状況が起きていると考えられますね。

交通事故を防ぐために急ブレーキを踏むと思いますが、スキール音が長ければギュッと止まることができていないということですので、防げた事故も防げないということが起きてしまうことがありますからスキール音の音が長いときは注意が必要です。

 

また、急発進すると気にもスキール音はしますし、方向転換の時にもスキール音がすることがあります。

急ブレーキ、急発進、急転換すると路面にタイヤ痕が残りますので、道路を汚すことになりますし、白線にタイヤ痕を残すと器物損壊罪になる可能性もあるので、注意が必要ですよ。

 

さらに、深夜など時間帯によっては近隣に迷惑をかけることになるので、迷惑行為と捉えられることもあります。

 

タイヤからスキール音がしたら、そのタイヤは性能が落ちていると考えられ、役割を果たさなくなってしまいますから、頻繁に音がして気になるようでしたら、タイヤ交換をすることをおすすめしますよ。

スキール音が気になったらタイヤ交換を!

スキール音が気になったらタイヤ交換をするのがいいでしょう。

雪国の人でなければタイヤを夏と冬でタイヤを交換するという習慣がないので、その分タイヤが摩耗するのも早くなります。

 

タイヤ交換の目安は条件によって変わってきますが、長くて製造されてから10年経ったら、交換したほうがいいでしょう。

車に関する知識が豊富な方は交換時期がわかるかもしれませんが、車の知識が少ない人は定期検診の時にタイヤ交換が必要かどうかをプロに聞いてみるようにしましょう。

 

プロに確認して、どんなタイヤがあるのか、自分の車にはどんなものが合っているのかを確認してタイヤ交換をしてみましょう。

タイヤ取り付け工費を無料で行ってくれることもありますので、単純にタイヤの価格を見るよりも取り付け工費を含んだ価格を気にするとお得感がでますよ。

まとめ

タイヤの「キキーッ」というスキール音がしたらタイヤを交換しておきましょう。

事故を防ぐためにも、周りに迷惑をかけないためにもスキール音が気になったら、「そろそろ交換時かな」と意識してみるといいかもしれません。

よくわからない方はプロに判断してもらいましょう。



 - 日常 , , ,