年賀状の保管方法は?いつまでとっておくべきなの?

blogersss

   

メールやLINEで気軽に連絡を取れるようになっていますが、その一方で年賀状のように年に一度のはがきのやりとりに価値が生まれてきてもいます。

年賀状はもらうと嬉しいですが、形あるものですので保管するのが大変だったりもします。

どんな風に保管すればいいのか、いつまで保管しておくべきなのか悩むところだと思いますので、こちらでいくつか提案したいと思いますね。



年賀状の保管方法

年賀状の保管方法ですが、一般的には箱やファイルなどを用意して保管する方法が取られています。

ハガキをもらう機会というのは年賀状だけという方もいますし、年賀状に限らずハガキ専用の箱というものを用意しておくと保管するのも邪魔にならないかなと思いますよ。

 

ハガキ一枚は薄いですし、たとえ10年間でもらった分を溜めたとしても文庫本一冊くらいの厚さにしかならないでしょうから、場所をとりませんし、専用の箱を一つ用意しておくといいのではないでしょうか。

100均ではハガキを収納するボックスがありますし、お金をかけずとも保管することができます。

 

ちなみに、私の保管方法は以前紹介した年賀状代行サービスでもらえるきずなばこという箱に保管していますよ。

挨拶状ドットコムで年賀状を作成してみた!

 

こういった箱を一つ持ってくとやはり保管には便利ですので、用意しておくといいかもしれません。

 

また、最近ではデータで保存するという方も多いです。

住所と裏のイラストや文言を写真に撮ってアプリやパソコンで保存すれば、ハガキを取っておくことをしなくても振り返ることができますし、形にこだわらない人にとってはいい残し方かもしれませんね。

 

以上のことから年賀状の保管方法としてはハガキとして残すのか、データとして残すのかをまず考えてみることが大切ではないでしょうか。

そうすれば、自ずと自分にあった保管方法というものが見えてきますよ。



年賀状の保管はいつまで?

年賀状の保管について考えるとき、すごく面倒に感じると思います。

その理由としては「いつまで保管していればいいのか?」という先のことを考えるからかもしれません。

 

年賀状の保管期間に決まりがないのでもらってすぐに処分する人もいれば、ずっと取っておく人もいますし、人それぞれの保管期間が違っています。

ところで、年賀状の保管期間の相場ってどうなっているのでしょうか。
その調査をしたアンケート結果を公表しているものがあります。

 

そのアンケート結果によると2年以上保管している人は約75%、5年以上保管している人は約50%となっていました。

意外なことに若い人の方が長期的に保存しているそうで、メール・SNS時代だからこそ贈り物とされる年賀状をとっておくみたいですよ。

 

年賀状は普段とは違ったコミュニケーションになっていますし、捨てるのもいいですが、専用の箱で保存しておくのがいいかもしれませんね。

参考元:年賀状、みんないつまで保管してる? 若い人ほど●●派の傾向が明らかに!-年賀総研

 - 行事 , , ,