大学の教科書や参考書は卒業したらいらない?買取はブックオフがいいの?

blogersss

   

大学に入学した時にはいろんな教科書や参考書を買いますが、だいたい使うのは10冊中2冊くらいですよね。笑

そんな思い出の詰まっていない教科書や参考書ですが、晴れて大学を卒業したらもう必要ないものなのでしょうか。
いらないと思っていたものが役に立つことがある場合も考えられますし、判断が難しいですよね。

また、潔く売ることを決め買い取りをお願いしようとしている方はブックオフがやっぱりいいのでしょうか。




大学の教科書や参考書は卒業したらいらないもの?

大学の教科書や参考書は入学する時にいろいろ買いますが、正直あまり使いませんよね。
買い忘れたりしたら大変ですし、入学当初は不安ですので仕方がないものですけど。

そんな大学時代の教科書や参考書ですが、卒業したあとは必要になることはあるのでしょうか。

結論から言えば、必要ないです。あくまでも個人的な意見です。

 

社会人になったら大学時代のことを振り返ることは少なくなりますし、ましてや大学の授業のことを思い出すなんてことはほぼないでしょう。

そもそも大学の授業で教科書を使うことは少なかったりしますし、プリントやデータがあれば教科書等は必要ないですね。

余程必要だと感じる教科書でなければいらないと判断できるでしょう。

 

ですので、もし周りの友人や後輩に欲しい人がいたら渡すのがいいですね。
周りに教科書や参考書が必要だと言う人がいなければ売りに出すのがいいでしょう。



買取はブックオフがいいのか?

大学時代の教科書や参考書を買い取ってもらう場合、パッと思いつくのはブックオフでしょうか。
「本を売るならブックオフ♪」ですからね。

事実、大学の近くにはブックオフが多かったりしますし、4月には近所の大学で使われている教科書や参考書の中古が並んでいたりします。

 

ブックオフであれば有名ですし安心して査定してもらえると思いますが、大学の教科書のような専門書になるとあまり高い価格で買い取ってもらえる可能性は低くなるかもしれません。

また、大学の近くの店舗となると似たような教科書等を売りに行く人が多いでしょうし、数が多くなれば仕入れ値は安くなりますので、高価買取は難しいのかなというのが考えられます。

 

すぐに立ち寄れて今すぐにでも手放したいという方は、ブックオフの買取が一番手っ取り早い方法かもしれませんね。

 

大学の教科書や参考書は専門のところで売ろう!

大学の教科書や参考書はブックオフでも売れますが、内容が専門的な内容になっているので、専門書に得意なスタッフがいるところで買取をお願いするのが理想的です。

そんなところがあるのかと聞かれると、数は少ないですがちゃんとありますよ。

個人的なおすすめとしては「専門書アカデミー」という大学の教科書をはじめ、医学書や資格試験などの教材を買い取ってくれるところです。

 

ダンボールを無料で提供してくれますし、全国どこでも送料無料で配送することができます。

まとめて査定すれば買取金額をアップしてくれますし、大学時代の教科書や参考書を持て余している方にとっては嬉しいサービスとなっていますよ。

 

高価買取してくれる本を紹介してくれたり、キャンペーンもありますので一度確認してみてくださいね。

>>専門書アカデミー公式サイトはコチラ

 

 - 日常 , ,