静電気がバチッとする時としない時は何が違うの?対策法は?

blogersss

   

冬になると静電気に悩まされることが多くなりますが、静電気の嫌なところとして油断していているとき不意にバチッとくることがありますよね。

一度バチッとなると、その後数回は警戒するのですが、何も考えずに扉を開けようとしたら静電気がやってくるなんてことがしょっちゅうあります。

でも、なぜ静電気がバチッとする時としない時があるのでしょうか。
気になったので調べてみました。



静電気がバチッとする時としない時の違い

静電気がバチッと発生する主な原因ですが、「乾燥」と「摩擦」だとされていますよね。

冬は乾燥していますし、こすると髪の毛が逆だったりしますので、この2つが主な原因であるというのはわかります。

ですが、静電気が起きやすい人と起きにくい人がいるように、同じ人でもバチッとする時としない時がありますよね。

 

この違いはどういったことが関係しているのでしょうか。
この点についてグーネットで紹介されていました。

同じ状況であっても、静電気が起きやすい人と起きにくい人がいますが、
それは、

・肌が乾燥している
・摩擦が起きやすい服装
・摩擦が起きる動作

などによって、からだに電気が帯電しやすいかどうかが決まってくるのです。

引用元:バチっとくる車の静電気の原因とその対策方法は?-グーネット

体に電気が帯電しやすい人か、あるいは帯電している状態なのかが関係しているということなのでしょう。

つまり、よく静電気の被害があう私は乾燥しているということが言えそうです。

確かにお肌の潤いは…ないですね。


静電気対策しよう

静電気が発生するのは体に電気が帯電していることが関係しているので、体の電気を上手に放電することができれば静電気対策をすることができるということになりますね。

静電気でバチッとなるのは一点で一気に放電するからとされています。

 

ドアノブを触るときなど指先で静電気が起きやすいのは指先の狭い場所から放電されるからだと考えられます。

ですので、簡単な対策方法としては地面や壁を触り放電しておくということですね。
たったこれだけですが、静電気は発生しにくくなるので調理と同じで一手間加えてみましょう。

 

また、乾燥が原因の1つとしてありますので、手を濡らすというのも効果的な方法です。
水分を含むことで大気中に放電してくれます。

 

こういったことを頭の中に入れておけば静電気に悩むことはなくなるかもしれませんね。

 - 日常 ,