ベトジャンとは?コーデ例は通販や古着サイトで確認しよう!

blogersss

   

ファッションは時代やシーズンによってトレンドが変わったり、回ったりしますよね。

根強い人気を獲得しているファッションにスカジャンがありますが、このジャンルでも流行り廃りがあり、2017年はベトジャンに注目が集まっているようです。
ところで、ベトジャンとはどんなスカジャンなのかご存知でしょうか。

また、コーデ例の情報を紹介しますので興味を持った方はご覧になってください。



ベトジャンとは

ベトジャンとは1960年~1975年のベトナム戦争のときに作られたスカジャンで、ベトナムの地名や地図や部隊がモチーフになっているのが特徴としてあります。

素材や刺繍に他のスカジャンとは違うポイントはないと言いますか、ハノイやサイゴンなどの地名が書かれていたりするのがポイントだったりもするので、その時代に作られたというところに価値があるのですね。

 

そもそもスカジャン自体がオーダーメイドの側面があるので、素材や刺繍というよりはどこで作られたものかやいつの時代のものなのかが重要とされているようです。

ですので、スカジャンはもともとファッション意識の高いマニア向けのアイテムとされているということですね。

 

そのベトジャンは供給量が少なくてヴィンテージ品はお値段も数万円と高くなっている傾向にあります。

ここ数年はプチプラが当たり前になってきましたが、だからこそベトジャンのようなブランドに価値があるファッションがまた求められているのですね。

豆知識情報!⇒アンティークとヴィンテージの違いは?

 

ベトジャンはベトナム戦争時に作られたスカジャンということでしたが、ちなみにスカジャンはスーベニアジャケットの略で終戦後に占領軍のお土産や記念品として持ち帰られたのが発祥とされていたり、日本駐留の米兵が自分たちのジャケットに虎や龍などの刺しゅうをしたのが始まりだと言われていますよ。

ベトジャンのコーデ例は通販サイトで確認しよう

ベトジャンのコーディネートですが、スカジャンと同じと言えるので男女ともにコーデに差がないところがあるでしょう。

ベトジャン(スカジャン)はちょっとヤンチャな感じがするアイテムですので、カジュアルさをポイントにするといいと言われています。

 

また、子供にはなかなか着こなせない大人な雰囲気があるので、派手なアクセサリーや組み合わせは必要ないというのが一般的になっていますよ。

ベトジャン自体のカラーリングに派手さや鮮やかさがありますから、デニムパンツなどシンプルな配色のアイテムだったり、全体的に落ち着いた雰囲気を演出した方がいいでしょう。

 

ベトジャンのコーデについてはインスタやファッション雑誌などを参考にするのもいいですし、意外とおすすすめな参考例としては通販サイトがいいですね。

インスタなどで「いいな」と思っても値段が高すぎたりすることもありますが、通販サイトの場合はじめから価格帯を絞ってから検索できたりもするので、予算に応じたコーデ例などを見つけることもできたりします。

 

モデルの方の身長や体重も参考にすることができますし、通販サイトでコーデ例を探してみてくださいね。

 

ベトジャンは古着サイトで探すのもおすすめ!

ベトジャンは先ほども少し触れましたが供給数が少ないので、店舗で探すとなるとなかなか見つからなかったりします。

そんなときにおすすめなのが古着サイトです。

 

オークションなどで取引をすることもできますが、オークションは慣れていないとトラブルに巻き込まれることもありますので、初心者は注意が必要ですね。

最近では古着を専門に扱っているサイトがありますから、そういったところを利用するのもいいと思います。

 

もちろん古着屋さんに行って探すのもいいと思いますが、近所にいい古着屋さんがないという方はそういったサイトを利用するのがいいと思いますし、前もってどんなものが売っているかを確認するのもいいでしょう。

ベトジャンは希少性が高いですので、取り扱いが少ないです。

 

いいなと思ったものを見つけることができたら早めに行動を起こしたほうがいいですね。
>>ブランド古着を探すなら通販サイトのベクトルパーク!【日本最大級!】

 - ファッション・美容 , , ,