宇宙食に納豆がない理由。宇宙で食べられた日本食を食べてみよう!

blogersss

   

世界旅行をするように宇宙旅行もできるようになる時代もそう遠くはないと言われていますが、旅行の醍醐味と言えば観光地もそうですが、食べ物も大事なポイントですよね。

宇宙で食べるご飯と言えば宇宙食になるのですが、これまで数々の日本食が宇宙で食べられてきました。

その中には日本食の代表とも言える納豆が入っていないのですが、その理由はなぜなのでしょうか。

宇宙食に納豆がない理由

宇宙でも食べられる宇宙食には各国の代表的な食べ物を持ち寄って食すということもあります。

これまでに何人もの日本人宇宙飛行士が宇宙へ旅立っていますので、日本食を外国人宇宙飛行士が食べたこもあるのですが、持ち込める日本食と持ち込めない日本食があるのですね。

 

持ち込めない日本食の中には和食の代表とも言える納豆がありました。

なぜ納豆が持ち込めなかったのかというと、糸を引くという点が問題となり、NASAによって却下されてしまったからなのですね。

参考元:宇宙食について その3:日本の宇宙食って? – 宇宙広報団体 TELSTAR

 

納豆というと独特の臭いが嫌われていたりしますが、臭いに関しては合格点をクリアしたそうです。

認証基準の詳細はJAXAホームページで確認できるそうですが、おそらく基準以外の点で納豆はクリアすることができなかったと推測されます。

粘らなければ納豆とは言えませんから、宇宙食として納豆が食べられる日はそう簡単にやってこないかもしれませんね。



宇宙で食べられた日本食を食べてみよう!

糸を引くという点がネックになり、納豆の宇宙食というのは実現できていませんが、日本食の宇宙食はこれまでにたくさん採用されてきました。

例えば、コメ文化の日本を代表するようにおかゆや赤飯が食べられたり、ご飯のお供になる味噌汁なども宇宙で食べられています。

 

また、大阪のソウルフードとなっているたこ焼きも宇宙で食べらているのですね。

日本の食文化は宇宙食を通じて世界各国の宇宙飛行士に食べらていたと思うと、「本来の味はもっと美味しいのに!」なんて思うかもしれませんが、実は宇宙食もそこそこ美味しいみたいですよ。

「本当に?」と思う気持ちはわかりますし、味の感じ方は人によって違うので自信を持って美味しいとは言えないかもしれませんね。

 

真実を確かめたい人は一度宇宙食を食べてみてはいかがでしょうか。

宇宙関連施設のおみやげ売り場で宇宙食を購入するこもできますが、通販でも購入することができますので、お買い物ついでに注文してみてはいかがでしょう。

 

宇宙食は非常食としても活用されていますから、防災グッズの一つとして準備しておくのもいいかもしれませんね。

 

 

【関連リンク】
死んでからでも宇宙に行きたい人必見!
遺灰を宇宙にまいてもいい?宇宙葬の気になるサービスと料金!

 - 雑学・ネタ , ,