銀行の窓口が午後3時で閉店するのは法律で決まっているから?

blogersss

   

銀行 窓口 午後3時

銀行の窓口で何か手続きするのって意外と困ることがありますよね。

頻繁に行くわけではないけど、いざ行こうと思ったタイミングで混雑していたり、なにより午後3時になったら窓口の受付が終了しているというのが一番悩ましいです。

ところで、何で銀行の窓口は午後3時になったら閉店してしまうのでしょうか。

この点について調べてみたら、なんと法律で決められているという衝撃の事実がわかりました。




銀行が午後3時で閉店するのは法律で決められているから

銀行の窓口業務は一部を除いてだいたいのところが午後3時には終了してしまいますよね。

その理由は法律で決められているからだそうです。

 

銀行法施行規則で「銀行の営業時間は、午前九時から午後三時までとする」と定められており、これが銀行の窓口業務が午後3時に終了してしまう理由の一つとなっています。

ちなみに、営業時間を延長したり変更することはできるそうなので、店舗によっては午後5時頃まで行っているなんてところもあるようです。

こういう店舗は平日の日中仕事をしている人には嬉しいですよね。

 

コンビニにファミレスにネットカフェ、、、24時間営業が当たり前になっているこの時代ですから、銀行の窓口業務にも24時間営業ができたりする時代が来るかもしれませんね。

全くイメージできませんが。笑




銀行の窓口業務が午後3時に終わるもう一つの理由

銀行の窓口業務が午後3時までというのは法律で決められているとは言うものの、変更ができるということですので、多くの銀行で営業時間を伸ばして欲しいという気持ちがありますよね。

ですが、そうできない理由が銀行側にはあるようです。

 

というのも、銀行の仕事は窓口で受付や手続きをするだけではありません。

窓口業務が終わったら、現金と伝票の内容が合っているかチェックしたり、預かったお金を企業などに送金する作業など他にもやらなければいけない業務があります。

一般的な退社時間の午後5時を目安にして、そういった照合作業を考えると2時間は必要だという計算になるのですね。

 

もちろん、店舗によって扱う量が違いますし忙しさも違いますから、必ずしも予定通りに業務が終わるとは限りませんが、銀行側になってみると午後3時というのは妥当な時間なのかもしれません。

照合作業は窓口業務が終わってから行わなければならないので、午後5時に窓口業務が終わる銀行はそれだけ帰りも遅くなるということですね。

 

1円や伝票1枚でも合わないと業務が終わらないと言われていますし、銀行のお仕事も大変です。。。

窓口業務は銀行員の業務の一つという認識でいると、窓口が午後3時に閉まるのも納得できるかもしれません。

 

参考元:銀行ってなぜ3時に閉まるの? 閉まった後は何をしている?-マイナビニュース

 

 - 雑学・ネタ , ,