タコやイカの血液が青色なのはなぜ?

blogersss

   

タコやイカの血は青い

生き物には血が通っていて、人間の血液は赤いですよね。

多くの生物の血は赤いのですが、タコやイカの血液は実は青色なのはご存じでしょうか。

マグロやサンマなどの魚は赤い血をしているのに、なぜタコやイカの血液は青いのでしょうか。

その理由を知ってみましょう。



タコやイカの血液はなぜ青い?

タコやイカの血液は青色をしています。

なぜ血液が青いのかというと、ヘモシアニンという呼吸色素が関係しているのですね。

ヘモシアニンはヘモグロビンと同じように血液中の酸素を運ぶ役割を持っているのですが、銅イオンが含まれています。

 

ヘモシアニンは本来無色透明なのですが、銅と結びつくことで青色に変化します。

だから、タコやイカの血液は青くなっているのですね。

 

イメージとしては10円玉がサビると青っぽい色になりますが、原理はあれと似たようなものになります。

 

ヘモシアニンはタコやイカの軟体動物に見られる他、エビやカニなどの甲殻類、貝などにも含まれていますよ。

 

そう言われてみるとお寿司屋さんに行ってイキのいいエビを見てみると、青いスジが透けて見えたりしますよね。

あれは血液だということが予想できますね。

青い血のタコやイカは見たことがない

タコやイカの血液は青いということはわかりましたが、実際にタコやイカをスーパーで買ってきても青い色のものがついているというのがみたことがないと思います。

たこ焼きをつくろうとタコを選んでも、イカのお刺身を買おうとしても青い部分は一切ありません。

 

これは一体どういうことなのでしょうか。

これに関してはきちんと理由があります。

 

先程説明したヘモシアニンは酸素と結びつくことで青色になるということでしたので、生きてない状態、呼吸をしていない状態で店頭に並ぶタコやイカの血液は透明になっているのですね。

生き物の体って不思議です。

 

もし、タコやイカの血液が青いのか確認したいのであれば、実際に釣りに出かけてみるといいかもしれません。

とはいうもののそう簡単に釣れるものではありませんので、漁師でなければ難しいですね。

 

一般の人が確認するのなら水族館に行くのが一番確率が高いでしょう。

タコは身を隠していることが多いので、なかなか観察しても青色の血液を確認することは難しいですが、イカは意外と青っぽいスジが見えたりします。

 

もし水族館に行く機会がありましたら、確認してみてくださいね。




 - 動物 , , ,