電子錠の防犯性は高いの?玄関に後付けすることってできる?

blogersss

   

新年度や長期休暇など家を空ける機会が多くなってきたときに不安なのが空き巣被害です。

その空き巣被害対策で近年注目を集めているのが電子錠(デジタル錠)ですが、そもそも電子錠の防犯性は普通の錠前よりも高いのでしょうか。

また、後から玄関のドアに後付けすることはできるのかなど気になる情報についてこちらで確認していきましょう。




電子錠の防犯性

近年人気が高まっている電子錠ですが、普通の錠前と比べて防犯性は高いものなのでしょうか。

この点に関してプロの鍵屋の意見を見てみるとやはり電子錠の防犯性は高いということが伺えます。

簡単な説明にはなりますが、電子錠は一般的な錠前と違い鍵穴がないのでピッキングと呼ばれる鍵穴に針金のようなものを突き刺してこじ開けられるという被害を防ぐことができるのですね。

 

空き巣犯は侵入しやすい家というのを下見していると言われていますが、その段階で「この家は入りやすそうだ」などの目星をつけているそうです。

ですので、空き巣犯の下見の段階で「この家は面倒くさそうだ」と思わせれば防犯対策はかなり高まります。

 

実際に鍵屋で働いている方が電子錠を導入しているのですから、説得力が違いますね。

>>プロの鍵屋がこっそり使っている電子錠を見てみる

電子錠は防犯性能が高いだけではない!

電子錠を導入している方の意見を見てみると評価されているのは防犯機能高さだけではありませんでした。

電子錠ならではのメリットがあるのですね。

 

例えば、一番重宝されているのがカギを持つ必要がないということ。

ついついお酒を飲み過ぎてカギをなくしてしまったなんて失敗が一度はあるかもしれません。

 

また、自分の不注意でなくても窃盗の被害にあってカギの入ったカバンを盗まれてしまったなんてこともあるでしょう。

カギをなくしてしまっては家に入れないですし、警察に届け出がないか確認したり面倒なことがどんどん続いていきます。

 

けれども、電子錠であればカギを必要としないものもあるので、カギをなくしたり落としたりすることがありません。

なので、安心して出かけることができますよ。

 

他にもカギをいちいち出さなくていいので、両手に荷物を持っているときや雨が降っているときにも煩わしさがありませんし、認知症の方が家族にいる場合や小さなお子さんがいて少しの間だけ外出したい場合でも家を出て徘徊することを防止することができます。

普通の錠前ではできないことが電子錠ならできるので、ただ防犯性が高いというだけではないのですね。

 

玄関に後付けってできるの?

電子錠に興味を持っている方は意外と多いですが、実際に替えようと思っている方はまだまだ少ないようですね。

その理由として「付け替えるのって大変でしょ?」と思っている方が多いからです。

ですが、実は電子錠は簡単に付け替えることができるのですよ。

 

商品によりますが最近では扉の加工が必要ないものが増えてきており、一軒家の持ち家はもちろん、マンションなどの賃貸物件に住んでいる方がでも錠前を取り壊すことなく取り付けることもできるのです。

「カギは必要ないけれどリモコンは必要でしょ?」と思っている方には指紋認証や暗証番号のものを選べばいいですし、今の電子錠は性能が高いのはもちろん、利便性もかなり高まっているのですね。

 

ですので、玄関に後付けするのも簡単に今はできるようになっています。

自分にあった電子錠を選ぼう

電子錠はいろんなタイプがあるというのはわかっていただけたと思います。

Amazonなどの通販サイトでも気軽に購入でき、自分で設置することも可能となっていますよ。

>>Amazonで人気の電子錠はコチラ

 

どんなものを選べばいいのかある程度理解していてどんなタイプのものが欲しいのか決まっている方はそのまま通販で購入するのもいいと思いますが、できれば一度プロに自分の家や部屋にはどんなタイプのものが合っているのかおすすめを教えてもらうのがいいでしょう。

無料での電話相談や現場での無料見積もりをしてくれますし、急なトラブルにも対応してくれますので、一度は確認してもらってみてください。

 

電子錠に替えようか迷っている方はプロに悩みを相談してみましょう。

 

>>自分にあった電子錠を探してみる方はコチラ

 - 災害・被害 , ,