自動販売機は紀元前に存在していた?初めて売られた商品とは?

blogersss

   

自動販売機 紀元前

街へ出ればあちこちで見かける自動販売機。

ジュースや食べ物はもちろん、中にはこんなものまで自動販売しているのという商品もあったりしますよね。

便利な自動販売機ですが、実は紀元前には存在していたと言われています。

電気も通っていない時代にどうやって販売したのでしょうか、また、何を販売していたのでしょうか。考えてみてください。



自動販売機は紀元前に存在していた!売られていたものはコレ!

自動販売機は紀元前に存在していたと言われています。

紀元前215年頃、エジプトの寺院に置かれた『水の自動販売機』が世界でもっとも古い自動販売機だとされているようです。

参考元:世界で最も古い自販機は紀元前215年頃に何を売っていた?【鈴木杏樹のいってらっしゃい】

 

てこの原理を利用したもので、コインを入れると重みで中の受け皿が傾き、その傾きが元に戻るまで弁が開いて水が出る仕組みとなっていました

言葉だけではイメージしにくいですが、井戸と滑車を思い浮かべるとなんとなくイメージがわいてくるかもしれません。

 

紀元前に存在したものですし、明確な情報はないようですので想像力を働かせてみましょう。

ただ、想像力を働かせてみると重みで受け皿が傾くのなら、コインに紐をつけて、手元に戻るようにすればいくらでもお水が出るような気がします。。。

 

少し問題はあるかもしれませんが、自動販売機だからと言って電気が必要なわけではないのですね。

紀元前頃にそういった発想を持っていたのはすごいなと感心します。




日本で初めて作られた自動販売機とは?

自動販売機は紀元前に存在していたとされていますが、日本で初めて作られた自動販売機はいつ、どんなものだったのでしょうか。

コチラに関しては1888年(明治21年)に俵谷高七(たわらやたかし)さんという発明家の方が考えたものだそうです。

自動販売機ではタバコや切手、ハガキの自動販売機を製作しており、東京の逓信博物館も保管されていますよ。

参考元:自動販売機-Wikipedia

 

現在のように自動販売機が一般的になったのは、1962年(昭和37年)にアメリカのコカ・コーラの自動販売機が日本にも置かれるようになったからとされています。

 

ちなみに、外国では屋外に自動販売機が置かれていることが少ないのですが、これは治安が悪いことが理由として考えています。

確かに南米に自動販売機があったらすぐにお金が盗まれたり、破壊されてしまいそうですね。

日本にはそこら中に自動販売機がありますが、あれは別の見方をすればそれだけ治安がいいということの裏返しになるということでしょう。

 

ただ、2020年に東京オリンピックが開催されますが、そのタイミングでいろんな国から外国人がやってきます。

人が多くなるのに乗じて自動販売機が壊されるなどの犯罪行為が行われる危険性もあるかもしれません。

 

以前、オリンピックの経済効果について軽く触れましたが、経済効果だけでなく、実害の影響も考える必要があるかもしれませんね。

自分の身は自分で守る意識は持っておいた方がいいでしょう。

【関連記事】
オリンピックの選手村には村長がいた!

 

 - 雑学・ネタ , ,