H2OスチームFXの体験談!徹底レビュー&買ってわかった実際の使い心地!

blogersss

      2018/10/24

H2OスチームFX 付属品

キッチンの油汚れや床のベタつき、ラグマットの除菌消臭など部屋中を掃除したいと思っていたときスチームクリーナーを使うと私の持っている悩みを解消できるかもしれない!と思いました。

そこで、スチームクリーナーの中でも口コミでの評判が高いH2OスチームFX8点デラックスセットを実際に購入。

気になる点などを徹底的にレビューしますので興味を持っている方は参考にしてください。



H2OスチームFXが到着!8点デラックスセットの付属品をチェック!

早速、H2OスチームFXが届きました!

注文してから3日程度でしょうか、営業がお休みの日に注文したのでもう少しかかると思ったのですが、予想していたよりも早く商品が無事に届いて一安心です。

注文してからすぐに商品が届くのはやっぱり嬉しいですね。

 

商品は届きましたが、今回は8点デラックスセットでの購入ですので付属品がちゃんとあるか確認しておく必要があります。

確認してみたところ付属品はちゃんとありましたし、問題なさそうです。

 

H2OスチームFXを手にした第一印象ですが、思った以上にコンパクトでした。

サイズは小さいというのはCM動画やテレビ番組を観て知っていたのですが、そのイメージよりもはるかにコンパクトでよかったです。

 

サイズ的にはDVDケースやB6判の漫画(青年コミックスのサイズ)とほぼかわりませんね。

一人暮らしで1Kの狭い部屋に住んでいるので、収納スペースをどこにしようか迷っていたのですが、本棚に空きスペースがあるのでそこに収納することにします。笑

H2OスチームFX 収納

比較対象ではありませんが、本棚に入るということで漫画「ワンピース」と一緒に写真を撮ってみました^^

場所を取らないというのは大事ですから、手に取った感想や収納に対する不安はクリアしているでしょう。

 

あと、重さが気になるという方もいると思うので感想を言うと、すごい軽いということはないですが、水を入れても重くはないので気にならないと思います。

不安も解消されたことですし、早速H2OスチームFXを使ってみたいと思います!

 

H2OスチームFXの使い方と注意点!

H2OスチームFXの使い方に関しては特に難しいところはなく、説明書を読みながら使えば問題なく使うことができますが、こちらでも画像付きで簡単に記載しておきますね。

まず水タンクに付属の計量カップで約2杯分水を入れます。計量カップになみなみ水を入れてしまうと溢れてしまうので注意が必要です。

 

水を入れてロックをしたら、電源を差し込んで電源スイッチを入れます。

スイッチを入れてスチームが使用できる状態になると表示ライトが点灯から消灯に変わるので、これで準備完了です。

H2OスチームFX 電源

だいたい20秒くらいでスチームが使用できる状態になるのでノンストレスでしたよ。

あとは持ち手部分にあるボタンを押せばスチームが発射されるので汚れを落としていきます。

 

基本的な使い方はコレでOKで、後は掃除する場所によって付属のアタッチメントを使い分ける感じですね。

 

使い方に関しては特に難しいことはありませんが、使う時に注意する点がありますので、事前に知っておきましょう。

 

まずスチームはすぐに止まらないという点。

スチームスイッチをオフにしても10秒くらいはスチームが出続けますので、すぐに止まらないということは覚えておきましょう。

 

もう一つは本体の前方部分、スチームが発射されるところの下の部分はかなり熱くなっていますので、ヤケドに注意する必要があります。

使用後の付属品もしばらくは熱いのですぐに直接触らないようにする必要がありますよ。

 

実際に使ってみて感じた使用中に特に注意する点はこの2点だと思います。

もちろん細かい点を挙げれば他にもありますが、それに関しては説明書にも詳しく書いてありますので、使用する前に一度通読しておきましょう。

 

>>H2OスチームFX公式サイトで詳細を確認する

H2OスチームFXを徹底レビュー!いろんな場所で使ってみた!

最初にH2OスチームFXを使ってみたい場所はやはり、一気になっていたキッチンの油汚れ。

普段はほとんど掃除をしてなくて、月に一回くらいのペースで100円ショップにある商品を買って一応掃除しているのですが、汚れが蓄積してきたのか、最近はなかなか汚れが落ちにくくなっていたのですね。

 

ですので、今回満を持して購入したH2OスチームFXの実力をにくい油汚れにまずは使ってみたいと思います。

 

キッチン周りの油汚れ

油汚れを落とすにはジェットノズルとナイロンブラシを使って落とすようです。

ちなみに、ナイロンブラシは緑と黒の2個ありました。ありがたいです^^

今回汚れを落としたいキッチンの油汚れがこちら。

H2OスチームFX 油汚れ

コンロの汚れは見た目にはわかりにくいかもしれませんが、近くでみるとベタベタしているのですね。また、壁の部分には油ハネがポツポツとついていて、こちらは確認できると思います。

油汚れの蓄積は衛生面でもよくないですし、毎日はできなくても定期的にお掃除はする必要がありますね。

 

さて、この油汚れに対してH2OスチームFXは活躍してくれるのかですが、それは実際に使ってみた結果を見てもらいましょう。

H2OスチームFX 油汚れ

コンロの油汚れに関してはもう少しアップで撮っておけばよかったと思いますが、壁の汚れは綺麗になっているのは確認できると思います。

見た目にはわかりませんが、コンロに関しては一切油は残っていませんでした。

指で触っても全く大丈夫です。

 

使っていて感じたのは「油が浮き出て汚れが落ちている感じがわかるのが良い」ということで、これは以外と嬉しいポイントだなと思いました。

H2OスチームFX 油汚れ

洗剤を使ってしまうと洗剤を流さないとその部分の汚れが落ちているのかが確認できませんが、H2OスチームFXは水だけでいいので目で油汚れが落ちているのかをしっかり確認できるので、効率がいいなと思いましたね。

 

ちなみに、コンロの汚れ、キッチン周りの壁、五徳の掃除は水の補充なしでできましたよ。

とりあえずコンロだけ早急に掃除したかったので、今回はキッチン周りの掃除だけ書きましたが、他の場所にも使ってみたいと思っているので、随時更新していきたいと思いますね。

 

フローリングの床

キッチン周りの油汚れに続いてフローリングの床についても使ってみました。

なんとなくベタつく感じがしていたので、H2OスチームFXを使ってみたかったのですが、結果から言えばキッチンの油汚れよりもひどい状態だったことがわかりました。

感想を話す前にビフォーアフターの画像を先に載せておきたいとおきます。

H2OスチームFX 床

画像を見ても違いはわかりにくいかと思いますが、実際はかなり汚かったです。

掃除途中で白い汚れがたくさん出てきて、「こんなに汚れてたのか…」とショックを受けたのですが、調べてみたらこれはH2OスチームFXを使用したときに出る石灰質の固まりということで一安心しました。

 

ですが、掃除を終えると見た目にはわからなかったのですが、フローリングが驚くほどすべすべになっていましたよ。

この感覚は入居した時の状態とほぼ一緒で、フローリングの床は本来こうあるべきなんだということを認識させられた気がします。

 

普段掃除機やウェットシートで掃除をしっかりしていても、これだけ見えない汚れが溜まっているわけですから、汗をかきやすい夏場などは特に注意して掃除した方が良さそうですね。

フローリングの床の見えない汚れにこそH2OスチームFXを使うべきだなと感じました。

 

お風呂の水垢

お風呂の水垢はやっかいなヤツですが、H2OスチームFXできれいにすることはできるのでしょうか。

実際にお風呂場の鏡やステンレス部分に使ってみたのですが、キッチンの油汚れやフローリングの床の汚れが取れたときに比べるとあまり効果がなかったかなと感じました。

H2OスチームFX 鏡

使用前と使用後では綺麗になっているのは感じるのですが、劇的な変化を望んでいたので、その理想と比べると物足りなさは正直ありますね。

 

ただ、説明書などを読んでみるとお酢と水を1:1で混ぜたスプレーをかけてからH2OスチームFXを使うことで汚れを落としやすくできるとありました。

今回は水だけしか使っていないので、もう少し綺麗にすることはできそうですね。

 

ちなみに、H2OスチームFXだけでなく、写真にも映っている鏡のウロコ取りアイテムも今回は使用しています。

100円ショップで販売している安いものですが、なかなか活躍してくれますよ。

 

お風呂場ではなく洗面台の鏡は綺麗な状態を保てています。

また、鏡ではなく蛇口部分のステンレスも綺麗にすることはできました。

H2OスチームFX お風呂

お風呂の鏡の水垢は放っておくと厄介なので、適度に手入れをすることは大切だなと感じました。

 

私が住んでいるのは賃貸マンションですし、それなりの築年数も経っているので蓄積した汚れがありましたが、それでも日頃からきちんと掃除しておけば良かったと反省しています。

この記事を読んでくださっている方は、私の失敗を教訓にしていただければと思います。

 

トイレの便器

トイレ掃除は普段から気になった時にやっているので、そこまで汚れてないと思ったのですが、フチの裏側部分は普通のトイレ掃除グッズではキレイにできないので、そこそこ汚れが溜まっていました。

一度写真に撮ったのですが、さすがにあの汚れをブログに載せるのは不快感を与えかねないので自主規制しますね。笑

 

フチの部分は直接当てようと思ってもうまく当たらなかったのですが、付属品の延長コードを使うことで問題なく掃除することができましたよ。

トイレがキレイだと気分もいいですし、運気が上がるなんて言われたりしますから、これからも気になったタイミングで定期的に掃除していきたいですね。

 

辛口で口コミ採点!H2OスチームFXのココがイマイチ!

H2OスチームFXを実際に使ってみて感じた悪い点を辛口で採点してみたいと思います(-ω-)

口コミでは良いことが書かれていることが多いですからね。あくまでも辛口で採点します。

 

ここがダメだよ!H2OスチームFX①:強さの調節ができない

汚れにはひどい部分とそうでない部分がありますが、強さを調節できないのでどんな場所でも全力でスチームしてしまうのは少し気になりました。

ただ、業務用ではないですし、容量もそんなにあるわけではないので、強さを調節する機能は必要ないと言えばそれまでという気もしています。

調節機能があれば便利だけれど、なくても支障がないということは言えると思いますから、この点の評価は人によって分かれそうですね。

 

ここがダメだよ!H2OスチームFX②:音が気になる

H2OスチームFXは高圧で高温のスチーマーですが、思ってた以上に「音」がしました。

高温だけに高音が特に気になりますね >(´ー`)

ここはノータッチで大丈夫です。笑

 

性能が高い分、ある程度の音は仕方ないでしょう。

ただ、ドアや窓を閉めて使えば許容範囲の騒音だと思いますし、早朝や深夜などに使用しないなど最低限のルールを守ればご近所トラブルになることはないと思いますから、使用時間にだけ注意すれば問題ないと思います。

 

ここがダメだよ!H2OスチームFX③:使用範囲が狭い

H2OスチームFXが欲しいと思った方の中には洗車をするのに使いたいと思っている方もいると思いますが、車くらい大きいものには使えないと思います。

厳密に言えば使用することはできますが、車のボディ全体をH2OスチームFXで掃除するとなるとかなり時間がかかるので効率は悪いでしょう。

部分的な汚れを落とすのには使えますし、車内の掃除などには使えますから、全く使えないということはありません。

基本的には家の中で使うものというイメージを持っておくといいですね。

 

以上の3つが気になるところとして挙げられるかなと個人的には思いました。

ですが大きな問題という感じでもないですし、それ以上に性能が評価できるので、全体的にみれば十分な評価ができるでしょう。



H2OスチームFXの販売店がたくさん…最安値価格で買うならココ!

H2OスチームFXについていろいろ書いてきましたが、最後にここまで読んでいただけた方におすすめの販売店を紹介しておきますね。

H2OスチームFXは通販で販売している商品となっていますが、販売店を調べてみると楽天やAmazonなど大手通販サイトを始めいくつかの販売店で取り扱いがありました。

 

販売店が複数あると価格にも差が出たりするので迷うところがありますが、もしH2OスチームFXを購入するのならダイレクトテレショップ公式サイトから注文することをおすすめします。

その理由は2つ。

 

1つは最安値価格で購入することができるという点。

H2OスチームFXの通常販売価格は税込15,800円となっているのですが、ダイレクトテレショップ公式サイトからだと税込10,800円で購入することができます。

調べた中ではこの価格が最安値価格だったので、お得に購入することができますよ。

 

もう1つは正規輸入代理販売店である点。

H2OスチームFXは海外の商品になります。

 

H2OスチームFXが入っていた箱が英語で表記されていたように海外製品なので、輸入されて販売される商品となっているのですね。

海外製品は購入トラブルが起きやすいので、安全に購入できるところから購入した方が絶対にいいです。

 

その点ダイレクトテレショップはH2OスチームFXの正規輸入代理店となっているので安心して購入できますから、安全に購入したいのならコチラを利用した方がいいでしょう。

 

以上の2点からH2OスチームFXの購入はダイレクトテレショップ公式サイトから行った方がいいと私は思います。

 

最後に、H2OスチームFXを購入するかどうか迷っている方のために個人的な意見を申し上げておくと、「H2OスチームFXは迷っているのなら買った方がいい商品」だと思います。

正直なくても生活に支障はないと思いますが、あれば便利というのは間違いないですし、何よりも気になっていた部分がきれいに掃除できるのは気持ちがいいです。

 

ずっと感じてた悩みが解消されて、すっきりした気持ちになると家事や仕事にもいい影響を与えてくれてると感じました。

H2OスチームFXの効果は身の回りの汚れをきれいにしてくれるものですが、使ったあとに感じるのは見た目のきれいさよりも心の清々しさだと思います。

 

興味を持っているのならぜひこの気持ちを味わってみてくださいね。

>>H2OスチームFXの購入はコチラ:ダイレクトテレショップ公式サイト

新モデルのH2Oスチームユニオンと比較してどう?

H2OスチームFXには新しいモデルが販売されています。

それがH2Oスチームユニオンなのですが、旧モデルと比較するとどこが進化したのでしょうか。

 

性能に関して言えば、「スマートモーターシステム」を搭載することにより従来よりも水を素早くくみ上げることができ、安定したスチームの噴射が可能になりました。

 

また、新機能としては水タンクの取り外しが可能になりましたよ。

タンクが取り外しになったことで水の補充が楽になりましたし、本体に水を補充するのではなくなったので、容量も多くなっています。

 

H2OスチームFXの容量は225mlだったのですが、H2Oスチームユニオンは容量450mlと約2倍に増えました。

このおかげで水をイチイチ補充する手間は省けますね。

 

さらに、チャイルドロックがついたので、小さなお子さんがいても誤作動を防ぐことができるようになりました。

私が使っているのはH2OスチームFXですが、これから購入を考えている方はH2Oスチームユニオンの方がいいと思いますよ。

 

水の容量が増えると面倒がなくなりますし、これは意外と嬉しいポイントだと言えるでしょう。

価格もH2OスチームFXと2,000円くらいしか変わりませんし、おすすめはH2Oスチームユニオンですね。

 

>>H2Oスチームユニオンの詳細はコチラ

 - 日常 , ,