花火をスマホで撮影するコツは?カメラ設定とおすすめアプリは?

      2016/07/22

花火とスマホ

スマホのカメラは高画質になってきましたが、夜空に打ち上がる花火を撮影すると普段のように上手く撮影することができなかったりしますよね。

ここでは、少し本格的なテクニックから気軽にできるテクニックまで、初心者でも納得のいく写真を撮る方法を紹介しています。

スマホでもちょっとした工夫や設定、コツを知ってデジカメや一眼レフにも負けないくらいキレイに撮影しましょうね。




花火をスマホで撮影するコツは?

花火をスマホでキレイに撮影するコツとして一番重要なのは場所取りです。

花火をキレイに撮影するためにはやはりいい場所を確保するというのが前提条件になります。

 

いい場所だと自分の真上に花火が打ちあがっているような感じになりますが、この地上から上空に何も遮るものがない場所が望ましいです。
会場にもよりますが、打ち上げ場所が見える場所だとよりキレイな写真を残すことができますよ。

 

もし、会場の様子がわからない場合は最近では規制もあるために有料席を用意している花火大会もあります。
チケットを購入して有料席で観るとキレイな写真を撮ることができますし、混雑もしていないので、じっくり観るのにも向いていますよ。

 

さらに、撮影するコツとして細かいポイントを言うならば花火大会当日の天候をチェックしておくといいですね。
風向きに応じて花火の打ちあがる位置は変わってきますから、できれば都道府県ごとではなく、ピンポイントで天気予報をチェックすると◎です。

 

事前に下調べをしておくことで他の人とは違ったキレイな写真を残すことができますが、ここまで本格的になるのならデジカメや一眼レフで撮影した方がいいですね。笑

 

今から紹介するテクニックはここまで気合を入れずに気軽に撮影することができますので安心してくださいね。

花火をスマホで撮影するコツ1:ブレずに撮るための工夫

花火をスマホで撮影するためにはできるだけカメラを固定させることが大切です。

理想を言えば三脚だったり、セルフィー(自撮り棒)などの器具を使いたいところですが、周りにはたくさんの見物人がいますからなかなか使いにくいところがあります。
ですので、自分の手でスマホを持って撮影する必要があるのですが、スマホを安定させるためには4点で支えるのが効果的ですよ。

 

スマホを横向きにして両手で画面の上下を挟むようにするとしっかりと固定することができます。
スマホを縦向きにして撮る場合は親指と人差し指に乗せる感じにすることで固定することもできますが、理想を言えば横向きがいいでしょう。

カメラを固定したら、今度は撮影するときの姿勢も重要になります。
撮影するときにブレないようにするためにしっかりと脇をしめましょうね。

 

もし、座ったまま撮影できる時は膝の上に肘を置いて固定するとよりブレを軽減させてくれます。
近くに電信柱や壁なんかがあるときはそこに寄り掛かることも効果的ですよ。

 

花火をスマホで撮影するコツ2:シャッターの切り方

スマホでシャッターを切るときは画面のシャッターボタンに手をあててタイミングよく押す必要がありますが、この時にブレてしまうことが多いです。

ですので、シャッターを切るときは画面のボタンではなく、サイドボタンでシャッターを切るようにしましょう。

こちらの方が衝撃が少なく、またすぐにシャッターを切ることができるのでブレるのを防ぐことができますよ。




花火をスマホで撮影するときのカメラ設定

花火をスマホで撮影するときにはカメラの設定も大事になってきます。
普段はカメラの設定をいじらない方も、ココを少し工夫するだけで驚くほどキレイな写真を撮ることができますよ。

 

難しい操作ではないのでこの機会に試してみてください。

 

さて、花火を撮影するときのカメラの設定ですが、オートフォーカス機能を解除しましょう。
少し意外かもしれませんね。

ですが、オートフォーカスを解除してピンとを固定した状態にしておくとシャッターチャンスを逃すことがありません。

オートフォーカス機能のままだと暗闇のなかで急に明るくなった花火にピントを合わせようとしますが、カメラがピントを合わしている間にシャッターチャンスを逃したり、花火以外のものにピントがあってしまうことがあるので、オートフォーカス機能を解除するようにしましょうね。

 

ピント固定で撮影する時は最初からピントを合わせることは難しいと思いますので、最初の数発はピント調節をして固定をしましょう。
最初の数発「捨て花火」をすることがポイントですよ。

 

いい花火の写真を撮るためのスマホでできるカメラ設定はいま紹介したのがすべてと言ってもいいのですが、少し補足としてその他のポイントを紹介しておきますね。

 

もし自分の使っているスマホで撮影モードが設定できる場合は「夜景モード」、あるいは「花火モード」を活用すると色味などを自動調整してくれるので撮影しやすくなりますよ。

 

また、その他の余計な設定をオフにしておくのも効果があります。

例えばフラッシュ機能は被写体が遠いので意味がありません。
花火大会が終わった後、電車の時間を調べたい時に充電が切れたなんてことのないように余計なバッテリー消費は避けましょう。

 

花火をスマホで撮影するためのおすすめアプリはある?

花火をスマホで撮影するためのおすすめアプリは個人的には必要ないかなと思います。

 

アプリは毎日のように新しいものが出ていますし、すべてを試しているわけではないので、一概には言えませんが、今のスマホのカメラ機能と高画質さがあれば十分納得のいく写真が撮れるはずです。

 

これまでに紹介したテクニックとコツを使えばSNSに載せるのには十分すぎるほどの画質になっていますよ。

 

もし、アプリを探しているのであれば「夜撮カメラ」はいいかもしれません。

ノイズを軽減して光量の不足を補ってくれたり、自動ブレ補正機能があるので、手持ち撮影に向いています。
花火撮影用のアプリは少ないですから、夜景用のアプリを探すのがいいですね。

まとめ

花火をスマホで撮影するときは事前準備をしておくことでキレイな写真を撮ることもできます。

カメラ設定をしておけばアプリなどは必ずしも必要というわけではないので、ここで紹介した方法を花火大会で試してみてくださいね。
着物と浴衣の違いは?祭りや花火大会で着るならどっち?

 

 - イベント , , ,