おねしょの掃除方法ってどうしたらいい?ニオイを取るために必要な事とは?

blogersss

   

おねしょ 掃除

赤ちゃんやペット、年配の方は布団やマットレスにおねしょをしてしまうことがあるかもしれません。

その時にどんな風に掃除をすればいいのかは意外と迷ってしまうと思います。

そこで、おねしょをしてしまったときの掃除方法について知っておきましょう。



おねしょの掃除方法ってどうしたらいい?

おねしょをした時には菌の繁殖はもちろん、そのままして寝るのは気持ち悪いですからすぐにでも掃除をする必要があります。

けれども、水分と汚れ、ニオイなどおねしょをするといろんなことが同時に起きるので何から対処したらいいのか分からなくなってしまいますよね。

 

そこで、おねしょをした時の掃除方法を確認しておきましょう。

 

マットレスか敷布団かによって違いはあったりするのですが、基本的には水分をとって乾燥させるというのが手順になります。

ただ、高反発マットレスなどは水がNGの場合も多いので、クリーニングにお願いするか、場合によっては買い替える必要もありますので、注意が必要ですね。

 

もし、小さなお子さんがいておねしょの習慣がある場合はおねしょシーツを敷いておくのも一つの手段です。

おむつでも対策はできますが、ゴワゴワした感じが眠りの妨げになることもありますから、おねしょだけが問題であるのならシーツの方がいいでしょう。

 

おねしょが理由でマットレスを買い替えるのは経済的な負担が大きいですから、使い捨ての防水シートがあると安心ですよ。

 

ニオイを取るためにはぬるま湯を使おう

水分をとって乾燥させることがおねしょの掃除方法になるのですが、おねしょの場合、ニオイという問題もあります。

水分をとって乾燥させたまではいいけれども、乾いたら今度はニオイが気になるということはよくある話です。

 

そこでニオイを取るための方法ですが、40℃くらいのぬるま湯をしみこませてから水分をとるという方法がありますよ。

お風呂場などに持って行って揉み洗いをすることで布団に付着したおしっこの成分が薄まるので、臭いの発生を抑えることができます。

 

さらに、菌の繁殖も抑えることができるので、ただ乾燥させるだけよりもニオイが取れますよ。

 

また、他の方法としてはクエン酸を使う方法もあります。

水で薄めたクエン酸をふきかけることで消臭効果が期待できるようですね。

ただ、一度ぬるま湯で揉み洗いしてからクエン酸をふきかけた方が効果は高いですから、おねしょをした場合は、まず水分を取り、ぬるま湯で揉み洗いし、クエン酸を吹きかけてから乾燥させるというのがいいでしょう。

 

乾燥させる時間は短い方がいいので乾燥機が使えるといいのですが、さすがにサイズ的に乾燥機には入らないと思いますので、そういった場合は浴室乾燥やドライヤーを活用するといいでしょう。

けれども、理想はクリーニングにお願いした方が早くて清潔ですから、またにでも宅配クリーニングを利用するのがいいかもしれませんね。



布団やマットレスは定期的に干そう!

おねしょをした布団やマットレスは洗って、乾燥させるのが必要ですが、おねしょがきっかけでなくても定期的に干すことは大事ですよ。

毎日は大変ですが、少なくとも週に1度は干すようにして万年床にならないようにしておきましょう。

 

そのままにしておくとダニの発生や汗が染み込んだままの状態で不潔ですので、身体のかゆみなどが生じてしまいます。

天日干しができなくても、日陰で風通しのいいところで干すのも効果的とされていますので、定期的に干すという行為をしておきましょう。

 

ベッドなどで干すことが大変な場合は布団クリーナーなどを使うのもいいですね。

昔はレイコップなどが有名で価格が高かったですが、いまはリーズナブルな価格でも性能の高いものが増えていますから、
持っていない方は一つ用意しておくと布団入ったときの快適さが違いますよ。

 

睡眠の質が高まれば仕事や勉強、家事のクオリティも高まりますから、いい生活習慣を手に入れるためにも定期的なお掃除をしておきましょう。

 - 日常 , ,