動画を売ってお金を稼ぐ!ビデオキャッシュ(videocash)で簡単副業!

blogersss

   

普段何気なく見ているテレビやネットメディアの動画。

実は、放送されているすべての動画は報道の方が取材して集めたものだけではないというのはご存じでしょうか。

動画の一部は一般の方が撮影したものもあり、それを放送していることもあるのですよ。

この仕組みを利用すれば気軽にお金を稼ぐこともできるかもしれません。




動画を売ってお金を稼ごう!

普段の生活で何気なく遭遇した出来事を動画撮影することで、それがお金に変わるかもしれません。

先程も書いたようにテレビ番組などで放送されている動画はすべてが製作会社が撮影した動画という訳でもないのですね。

約10%くらいは一般の方が提供した動画で成り立っていると言われています。

 

今の時代、スマホですぐに撮影することができますから、自分が視聴者カメラマンとなって目の前で起こっている重大なことや歴史的瞬間を撮影することは価値が生まれるのですよ。

世界中でいまこの瞬間、目の前で起きている出来事を動画撮影するということは若い世代の方は当たり前となっていますし、社会全体としてそういった意識が働いて来ています。

 

ただ、その撮影した動画に価値があるかどうかの判断は一般の視聴者には判断しかねる部分が存在します。

 

自分では「これはすごい!とんでもない価値がある!」と思っていても世の中からしたら大したことはないということはザラにありますよね。

好きなアニメのフィギュアを集めていたとしても、他人にしてみたらそれはただのおもちゃとしか認識されません。

 

報道で使われる動画に関してもこれと同じことが言えるでしょう。

自分が撮影した動画に価値があるかどうかというのは自分だけではわからないのですね。

 

ではどうしたらいいのか?

 

そこで利用したいのがビデオキャッシュ(videocash)です。

ビデオキャッシュは世界最大級の動画売買プラットフォーム。

 

撮影した動画の内容に応じて報酬が支払われるサービスとなっていて、気軽にお小遣い稼ぎができますよ。



ビデオキャッシュのサービス内容とは?

ビデオキャッシュは動画売買のプラットホームとなっていますが、そのサービスの内容や流れがどうなっているのか簡単に確認してみましょう。

 

まずサイトから動画を投稿します。

「投稿された動画を専門スタッフが確認」し、「メディアに対して専門スタッフが交渉」します。

メディアによる買付が成立すれば取引が成立したことを知らせてくれて、報酬が支払われるということになります。

流れはわかると思いますが、ビデオキャッシュのポイントは大きく2つ挙げられますね。

 

1つ目は専門スタッフが動画の精査をしてくれるという点。

先程も書いたように動画に価値があるかどうかの判断は一般人には難しいです。

その判断を専門家がしてくれるので、売れる動画売れない動画を客観的に判断してくれるのですね。

ですので、視聴者カメラマンは動画を投稿するだけで事が済みます。

 

2つ目はメディアへの交渉を代行してくれる点。

撮影した動画は直接メディアと交渉した方が仲介手数料がかからないので、得られる報酬は多いでしょう。

ですが、一般人相手にメディア側が対応してくれるでしょうか。

 

動画を提供しようと思っている方はあなた一人ではありませんから、一日に何百件、何千件もの問い合わせがあるかもしれません。

それに対していちいち対応しているほど世の中の流れは遅くありませんから、きちんとつながりを持っている企業が仲介した方が結局は「win×win」の関係になれるのですね。

 

以上の2点がビデオキャッシュの大きなポイントになります。

 

また、ビデオキャッシュはランクに応じた対価を支払ってくれます。

利用用途や放映時間、独占購入などによって対価が変わりますので、一度利用してみてどんな動画が評価されるのかを確かめてみるといいでしょう。



動画で稼ぐコツ!こんな映像は高評価!

撮影した動画で稼ぐためには価値のある動画を投稿しなければなりません。

では、どういった動画が価値のある動画と言えるのでしょうか。

 

例えば、災害現場の状況動画などは採用されやすい傾向にあります。

ジャンルで言えば、事故や自然災害、異常気象、事件などです。

 

事故で車が横転していたり、竜巻が移動する様子を撮影していたりするのはみんな気になる動画になりますからね。

こういった動画を撮影する際は、まず身の安全を確保すること、そして周りの人の安全も確認できた上で撮影するようにしましょう。

 

報道がメインになりますので、こういった動画が採用されやすいですが、他にも動物のハプニング映像なども人気がありますので、撮影してみるといいかもしれません。

 

また、細かい点についても触れておくと、高画質で撮れるのが理想的で、できれば1080HD以上の画質がいいですね。

あと、意外と大事なのが「カメラは横向きで撮影する」ということ。

 

カメラは縦向きだとテレビ画面で放映した時に画角がよくないので、横向きの方が採用されやすいですよ。

その他細かい点に関してはビデオキャッシュ公式サイトに書かれていますから確認してみてください。

 

ちょっとした工夫で採用率も高まりますから、普段から頭の中に入れておくといいかもしれません。

 

>>ビデオキャッシュ公式サイトはコチラ

注意点も忘れずに!

今の時代は「日本国民1億総カメラマン時代」とも言えるくらい、スマホで撮影をするというのは当たり前になっています。

当たり前になっている一方で、誰かに教えられるものでもないために、それぞれの人のモラルや節度の低さも問題になりがちです。

 

例えば、過激な動画を撮影したり、事実をねつ造したりすることを考える人も中にはいるのですね。

ですが、そういったやり方は違法ですし、法律を守って、常識の範囲内で行動するように気をつけましょう。

 

注意していてもうっかり間違えてしまうことはありますから、自分の撮影した動画が適切かどうかを専門家に一度確認してもらうような意識を持つことも必要ですよ。

 

動画撮影で大切なのは「その動画で誰かの役に立つ」という意識を持つことです。

例えば、災害の現状を伝えることが、ボランティアに参加してもらう方を増やすきっかけになるかもしれません。

報酬を得るためにという動機はあって当然ですが、その先に「人の為になる」という意識も忘れないようにしましょう。

 

そういった注意点に関してもビデオキャッシュで精査してくれますから、一度利用してみるのがいいですね。

もしかしたら、お小遣い稼ぎから本格的な副収入に変わるかもしれません。

 

>>ビデオキャッシュ公式サイトで動画を投稿してみる

 - 趣味 , , ,