工事の音がうるさくて眠れない!夜勤で昼に寝るときの対策方法におすすめの方法

blogersss

   

工事の音がうるさくて眠れない

工事の音がうるさくて眠れないということってたまにありますよね。

特に夜勤で働いていると昼間に眠らなければならないですが、日中に工事をすることが多いですからうるさくて眠れないという経験をされている方も多いでしょう。

そこで、夜勤の方でも日中の騒音に負けないで眠る対策方法を紹介しますので参考にしてみてください。




工事の音がうるさくて眠れない!

夜勤で朝方に帰ってきて、昼頃に寝るという生活リズムの方もいます。

初めての夜勤でやっと生活リズムをつかんできたところで、騒音が原因で眠れないということもあったりしますね。

 

例えば、周りの住人の生活音。

平日は周りの住人も仕事に出ているので生活音はあまりないと思いますが、土日祝日の休みの日は部屋の掃除をしたり、子供がいると一緒に遊んでいる時の声などがするかもしれません。

もちろん平日でも犬や猫などのペットの鳴き声が聞こえてたりすることがあるでしょう。

生活音はある程度仕方がないですが、生活音以外にもうるさいものがあります。

 

例えば、廃品回収車のアナウンスが聞こえてきたり、選挙の演説などが聞こえてくることもあるでしょう。

中でも、特にうるさいのは工事の作業音

 

住んでいるのがアパートかマンションか一軒家か、1階に住んでいるのかなど住環境にもよりますが、工事の作業音はどこに住んでいても避けられない部分があるので辛いですよね。

そこで、どんな対策をとったらいいのかをしっかりと把握して安心して眠れる環境を作っていきましょう。

一般的な対策方法は何?

少し離れた部屋や家の掃除機の音が聞こえるくらいで、眠れないくらいうるさかったということはないと思いますし、全ての音が気になるわけではないかもしれませんが、自分でできる対策をしておかないとイライラして余計眠れないということもあるでしょう。

一般的な対策方法としては遮音カーテンをつけて対策をしている方がいますね。

 

ただ、遮音カーテンの場合、生活音はそこまで気にならなかったのですが、工事現場の作業音は大きいのであまり効果が期待できない面もあります。

住んでいる部屋によっては近くで作業しているということもありますし、重機の音や解体する音が聞こえてきて眠れないという日はありますよね。

 

特に作業初日はなかなか眠れないでしょう。

工事現場の作業音は初日が一番うるさく感じますが、それ以降は慣れることで音が気にならなくなるということはあります。

 

我慢するのも一つの方法かもしれません。

ですが、もっともおすすめな方法がありますので、試してみるといいでしょう。




夜勤で昼に眠るときの騒音対策方法でおすすめはコレ!

夜勤で昼に眠るときの騒音対策方法ですが、メンタルが大きな要因になってきます。

生活音に対してはある程度は仕方がないと思うことは大事ですし、工事の作業音に関しては慣れも必要になりますね。

 

心理的な要因で音が気にならなくなるということがあるので、そういった環境に自分を持っていくのも必要な対策になるかもしれません。

 

音というのは不思議なもので、大きな音だから眠れないというわけではありません。

それは小さな音、例えば、時計の針が動く音が気になったりするように自分がその音を意識することで眠れなくなってしまいます。

つまり、音の大きさではなく、その音が気になるかがポイントになるわけですね。

 

もし、音が気になるのであればその音がすることを自分の中で当たり前のものとするのが一つの対策法になるのかなと思います。

ただ、どうしても気になってしまうこともあると思いますので、そのときはマスキング効果を利用するのがいいかもしれません。

 

マスキング効果とは簡単に言えば、音を音でマスクして聞こえなくさせるという方法ですね。

詳しくは音響心理学の文献を読むといいでしょう。

参考元:マスキング効果-音響心理学:Wikipedia

 

気になる音の種類にもよりますので、全てに対応することはできないかもしれませんが、対応できるのであれば試してみるのもいいかもしれません。

 

また、物理的な対策方法としておすすめなのは耳栓です。

耳栓の効果は大きいですし、最初は違和感があるかもしれませんが、音を遮断するという意味では効果的ですので、試してみましょう。

>>おすすめの耳栓はコレ!:Amazon公式サイト

耳栓をして寝たら起きられなくならない?

工事の騒音でどうにもならないという場合は、耳栓で対策するのが最後の方法になるでしょう。

もしそれでダメならホテルで寝泊まりするしかありません。

 

なので、耳栓をして寝るというのが最終手段と考えるのが妥当だと思います。

けれども、耳栓をして寝てしまうと起きられないという別の問題も気になるところ。

 

当然アラームの音も聞こえにくくなりますので、寝坊して仕事に遅刻してしまうということも起きてしまうかもしれません。

そんな心配をしている方におすすめの目覚まし時計があります。

 

その目覚まし時計はintiというのですが、こちらは音ではなく、光によって目を覚ますという特徴があります。

光によって徐々に起きやすくしてくれるので、目覚めたときのストレスが少ないですし、寝過ごすということもありません。

 

耳栓をして寝るのが不安なら光目覚まし時計を使ってみるのもいいですよ。

光目覚まし時計intiに関しては公式サイトで確認できますので、この機会に使ってみるといいでしょう。

 

>>光目覚ましinti4の詳細はコチラ

 

 - 日常 , ,