布団クリーナー体験談!綺麗にしたときに出てくる白い粉の驚きの正体とは?

blogersss

   

北向きの部屋に住んでいるとなかなか布団を干すことができないので、布団クリーナーを購入して清潔にしようと考えている方もいると思います。

実際に使ってみるとわかりますが、布団クリーナーを使ったあとに出てくる目に見える白い粉には驚く方も多いのではないでしょうか。

ところであの白い粉はダニなのか何なのか気になりますね。。。




布団クリーナーを使った感想

定期的に布団をベランダで干すことで清潔な状態を保つことができるようになりますが、北向きの間取りで太陽が当たらなかったり、夜勤で働いていて昼間に外で洗濯物を干せないという場合は布団クリーナーを使ってベッドやマットレス、布団のお手入れをする必要があります。

布団クリーナーといったらレイコップが有名ですが、レイコップは販売店にもよりますが1万5000円くらいしますから予算オーバーしてしまうこともありますね。

 

私は1万円以内で買えるものを探していたので、有名なメーカーでなくてもシリーズ化されていて、それなりの評価がされていればいいかなと思い、TENKERという初めて聞いたメーカーのものを購入。

早速使ってみました。

 

使ってみた後フィルターを確認してみると、驚くほどの白い粉が出てきました。

その白い粉を見ただけでかゆみが凄かったですが、その夜は快適な寝心地を手にいれることができましたよ。

 

布団クリーナーはホコリみたいなのが取れると思ったので、白い粉が大量に取れたことは驚きましたが、そもそもこの白い粉は一体なんなのでしょうか。

気になったので、調べてみました。

 

>>TENKER 布団クリーナーの詳細はコチラ

布団クリーナーでとれた白い粉の正体とは?

布団クリーナーでとれた白い粉の正体を調べてみると、主なものは人間の皮膚だと言われています。

実は、一日に2g~3gは人の皮膚が布団に落ちているそうですよ。

 

ですので、どんなに清潔にしている方でも布団から白い粉は出てくるということですね。

白い粉の正体はダニではないということで安心したのも束の間、この白い粉をエサにしているのがダニで、ダニは1日に20回ものフンをして、これがアレルギーの原因になると言われています。

 

つまり白い粉が多いということはやはりダニのフンや死骸がたくさんあるということなのですね。

私はその事実を知って以来、どんなに忙しくても毎週必ず1~2回は布団クリーナーを使うようにしています。

 

もし、布団を干していなかったり、布団を干している方でも布団クリーナーは持っていた方がいいかもしれません。

シーツや枕カバーは洗濯することができますが、布団そのものは丸洗いできませんから専用の掃除機を使った方が健康を守れると思いますよ。

レイコップやパナソニックだけじゃない!優秀な布団クリーナー

布団クリーナーというとレイコップが有名ですし、パナソニックなどが人気がありますよね。

ジャパネットたかたなどのテレビショッピングでも紹介されていますし、そういった有名メーカーでないと効果が期待できないのではないかという心配もあります。

 

ですが、今回TENKERという聞き馴染みのないメーカーの布団クリーナーを使ってみましたが、思っている以上に性能がよく、買って良かったと思っています。

いまの家電の性能はどのメーカーもクオリティが高いのかもしれません。

 

TENKERともう一つ迷ったものがあるのですが、それはアイリスオーヤマの布団クリーナー

アイリスオーヤマはニッチな商品を販売するのが得意ですし、有名で信頼できるメーカーでもあるので、迷いました。

 

いくつ持っていても使うのは一つなので、今回はTENKERを選びましたが、予算次第ではアイリスオーヤマのものを選んでも良かったかなと思っています。

いろんなメーカーのものを比較してみて自分の需要にあったものを選ぶと納得のいく買い物ができると思いますから、布団クリーナーが欲しいと思っている方は予算と性能を考えて選んでみてくださいね。

 

>>アイリスオーヤマの布団クリーナーの詳細はコチラ

まとめ

ふとんクリーナーを初めて使うとその白い粉の量に驚くと思います。

ですが、これをしなければアレルギーになったり、かゆみが出たり、生活に支障がでてきます。

ダニは布団を干しても日陰の方へ移動してしまうと言われていますので、天気のいい日に干すよりはふとんクリーナーを活用しましょうね。

【関連記事】
アイリスオーヤマの家電はなぜ口コミ評判が高いのか?

 - コラム , ,