目の下にクマができる人とできない人の違い

blogersss

   


いつからか目の下にクマができるようになり、たっぷり寝た翌日なのにもかかわらず、周りから「昨日寝不足?」と心配されるようなことがあったりしますよね。

ですが、同じ睡眠時間の人でも目の下にクマができる人とできない人がいます。

なぜ同じ睡眠時間を確保しているのにもかかわらず、目の下にクマができる人とできない人に違いが生まれるのでしょうか。

その理由を知ってみましょう。



目の下にクマができる人とできない人の違い

目の下にクマができる人とできない人の違いは目の周りの筋肉が衰えているかどうかが関係しているとされています。

目の周りには眼輪筋という筋肉があるのですが、この眼輪筋が衰えている人はクマができてしまうのですね。

 

身体の筋肉がやせ細っていると不健康そうに見えますが、これは目の筋肉にも当てはまるということなのです。

しかし、目の筋肉が衰えてしまうと言っても、どうして筋力がなくなってしまうのでしょうか。その理由としては、血行不良が関係していると言われていますよ。

 

眼輪筋が衰えてしまうと血行が悪くなってしまい、血液の色が黒くなってしまいます。目の下の皮膚はおよそ0.6mmと身体の中でも特に薄いので、皮膚から透けて見えてしまうのですね。

これがいわゆるクマになっているのですよ。

 

さらに、眼輪筋が衰えると筋肉がたるむので、目の下に膨らみができます。

その膨らみの下に影ができるのでより濃くクマがでてきてしまうのですね。

 

目の筋肉は一重と二重にも関係してきますし、顔の印象を決めるのにすごく重要なのです。

 




眼輪筋が衰える理由

目の下にクマができてしまうの理由はわかったと思いますが、そもそも、なぜ眼輪筋というのは衰えてしまうのでしょうか。

加齢が理由の一つとして挙げられますが、意外な理由としてまばたきが少ないことが関係しているとされています。

 

眼輪筋は目の周りにある筋肉ですから、目を閉じた時に筋肉が動きます。

しかし、インターネットやスマホゲーム、読書に没頭してしまい、まばたきが少なくなってしまうと眼輪筋が衰えてしまい、結果クマができてしまうのですよ。

 

実際、クマのある人とない人でまばたきをして比べてみると、クマのない人はしっかりとまばたきできるのに対して、クマのある人は目の周りの筋肉がほとんど動かないでまばたきをしているのですね。

 

クマのある人はまぶたが完全に閉じていないので、目が乾きやすかったり他の障害も出てきたりするのですよ。

けれども、眼輪筋は鍛えることができます。

 

次でその方法を紹介しますので、目のクマが気になる方は試してみてください。

眼輪筋の鍛え方

眼輪筋の鍛え方は、まず目尻を持ち上げて抑えます。そしたら、目をギュッと閉じてからパッと開きます。

これを5回くらい繰り返してください。

 

こうすることで筋肉をつかうようになるので、しっかりとまばたきができるようになり、眼輪筋を鍛え、クマの症状を改善させていくことができますよ。

もちろん、一度だけでなく毎日続けることが大切ですし、筋肉を鍛える意外にもクマを改善させる方法はあります。

 

簡単に説明しておくと、クマができる理由は皮膚が痩せて血行不良が目立ってしまうことですので、皮膚が痩せることを防げばいいということになりますよね。

 

目の下の皮膚やせを改善してくれる商品もありますので、そういった商品を利用するのも方法の一つです。

その商品について説明したサイトがありますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。



 - ファッション・美容 , ,