着物と浴衣の違いは?祭りや花火大会で着るならどっち?

      2016/06/12

浴衣と着物
着物と浴衣が違うというのはわかる気もしますが、具体的にどう違うのか、何が違うのかは意外と知らないものです。

お祭りや花火大会で着るときは浴衣のイメージがありますが、着物を着ても構わないのか?どっちを着た方がいいとかはあるのかなど、気になる疑問を解説していくので、今後、イベントにお出かけするときの参考にしてくださいね。



着物と浴衣の違いは?

着物と浴衣の大きな違いは、、そして場面です。

 

まずは質に関してですが、着物は質が浴衣よりも良く、そしてしっかりとしています。
浴衣は質が良いものもありますが大抵は薄い生地をしており、現代風に言えば着物がお出かけ用の洋服としたら浴衣はパジャマやそれに近い感じになりますね。

 

そしてそれに伴い値段も違います。
着物は何十万もするものがありますが、浴衣はとても安く手に入れられます。

 

もう1つの違いに場面と書きましたが、この場面というのがとても大事です。

 

着物は冠婚葬祭や卒業式入学式成人式、正月の初詣などなど、きちんとしたい場面で現代では着られます。
もちろん普段着てる方もいますが、今の時代では日本人の礼装、正装というイメージですね。

 

一方、浴衣は夏祭りや温泉旅行に行った時など、割とフランクな所で活躍しています。

 

こういった点が大きな違いになりますよ。



着物と浴衣で祭りで着るならどっち?

着物と浴衣、お祭りで着ると言ってもお祭りは色んなものがあります。
もちろん夏祭りや軽めのお祭りでも着物を着るのは悪くありません。

 

着物と言っても最近はカジュアルに過ごせる着物もきちんとありますからね。
ですが、浴衣でフォーマルな式に参加するのはマナー違反と判断されるのでやめておいた方がいいでしょう。
迷ったら着物という意識があったらいいかもしれませんね。

着物と浴衣は花火大会に着てもいい?

着て行って浮かないのは浴衣だと思いますが、着物でも全く問題ありません。

 

花火大会は特に浴衣のお客さんが多く、動き回ったりする事もあるので動きやすい浴衣は一応合理的ですし、あと汗をかいた時も浴衣の方が通気性も良くて過ごしやすいですよ。
浴衣は更にもし汚した時も今は簡単に洗えたりクリーニングもすぐ出しやすいのでその辺りもとても良いものです。

 

着物でも最近は扱い辛さが改善されており、汚れにくく、汚れてもすぐ洗える物だったり、そして動きやすい着物は出てきています。
今後は着物でも花火大会などへ気軽に行けるようになるかもしれませんね。

まとめ

着物と浴衣の違いは質と場面の2つに分けられます。

お祭りや花火大会などは夏の時期に多いですから、汗もかくこともあると思いますので、浴衣だといいかもしれませんね。
浴衣がはだけるのを防止したい!旅館で寝ている間の悩み

 - イベント , ,