生涯未婚率に男女の差がある原因は?非正規雇用では結婚できないのか?

      2016/06/14

生涯未婚率

待機児童問題など子供が育てられない環境にあることが新聞やニュースで取り上げられています。
ですが、未婚の私は生涯未婚率が上昇している方が気になりますね。

ところで生涯未婚率は女性よりも男性の方が高いそうなのですが、その原因はなぜなのでしょうか。

非正規雇用は婚活すらできない現状にあったり、結婚することができないと言われていますが、実際はどうなのでしょうか。




男性の生涯未婚率が高い原因

日本では生まれてくる赤ちゃんはほぼ1:1の男女比となっています。

 

それなのに男性の方が女性よりも生涯未婚率が多いというのはどういうことなのでしょうか。

 

男女比がほぼ同じということで多少の偏りがあることはおかしなことではありませんが、国立社会保障・人口問題研究所のデータでは1970年は男性1.7%、女性3.3%が生涯未婚率だとされていました。
ところが、2010年には男性20.1%、女性10.6%まで上昇したとされ、2035年には男性は3人に1人、女性は5人に1人が生涯未婚になると言われているそうです。

 

生涯未婚率がここまで多いのにも驚きですが、確かに男性の方があからさまに生涯未婚率が高いです。

 

この原因はなぜなのでしょうか。

 

そもそも生涯未婚率と満50歳まで一度も結婚をしていない人の割合のことと定義されています。
ですので、簡単に答えを出すのなら、男性は再婚する人が女性よりも多いということですね。

 

男性は再婚、女性は初婚、これであれば男性の方が未婚率が高いのは理解できます。

 

しかし、問題はなぜ男性の方が再婚する率が高いのかということです。
男性の方が再婚する人が多いということはなにか理由があるからでしょう。

 

考えられる理由としては男性はモテる人はモテるから、懲りずに若い女性と再婚するからということがあるかもしれませんが、私は『お金』が関係しているからではないかというのが一番の理由なのかなと思います。

 

一般的に年齢が高くなるにつれてお金を持っている人は多くなります。

 

結婚することはお金がかかることでもあるので、将来のことを考えると経済面がちゃんとしている男性の方が女性は安心を感じるでしょうからね。

 

そうするとお金を持っている年上男性バツ1と初婚の若い女性という図式ができあがるのでしょう。
なんとなく仕組みは理解できますが、ここで一つ大きな問題が出てきますよね。

 

それはお金のない男性は結婚ができないのかということです。




非正規雇用は婚活すらできない?

非正規雇用は婚活サイトに登録ができないと言われています。

 

事実、結婚相談所の敷居は上がっており、手取り年収が300万円を超えた正社員でないと登録ができなかったりするそうです。
この問題は私にとっても大きな問題となります。

 

というのも、正社員でないと登録ができないということは私のようなフリーランスも登録できないということですからね。

 

例え、私が抜群の性格の持ち主だとしてもそれを伝えることなく、門前払いされてしまうわけですから、結婚することは難しいように思えますよね。

 

こういった状況になったら、自分のことを知っている元カノに復縁を迫るしかないかもしれませんね( ;∀;)笑
復縁可能性をチェック!無料診断で確率を上げよう!

 

まぁ婚活もビジネスですからね。

 

「あの婚活サイトには非正規雇用しかいない」となればそれだけで信用が落ちてしまうことは否めません。

 

それよりも、最終的には非正規雇用者がクレーマーになってしまう可能性も考えられます。
というのも、婚活サイトには登録料がかかったり、年会費や婚活会場に行く費用もかかったりします。

 

高いお金を払っているのに結局結婚はおろか、お付き合いまでいけないと不満もたまり、クレーマーになったり、悪口を書き込んだりする結果になるわけですからね。

 

なんだろう・・・仕方がないことですが、なんだか自分で書いていて悲しくなってきました(´;ω;`)笑

 

つまり、お金持ちの正社員でなければ婚活サイトにすら登録することができないというのが現状なのですね。

非正規雇用では結婚できないのか?

それでは、非正規雇用者は結婚することができないのかというとそうでもありません。

 

昔と違って、お見合い結婚ではなく恋愛結婚が多くなっています。
これはつまりステータスよりも価値感を大事にしている方が多いからということです。

 

つまり、チャンスはあるということです。

 

非正規雇用では結婚ができないと言われているのははじめから結婚を目的としているからなのです。

 

結婚が目的ならば、お金はあったほうがいいし、職業は安定していた方がいいに決まっています。
ですが、恋愛の延長線上に結婚を考えるのならば、例え非正規雇用者でも結婚できないということはありません。

 

もちろん非正規雇用だから構わないということではありませんし、正社員になれなくてアルバイトをしているのと、何か夢や可能性を持ってアルバイトをしているのでは意味も変わってきます。

 

お金があっても忙しくて家庭を顧みなければ人生が豊かになるとは思えませんし、そうするとちゃんと恋愛をしてその延長線上に結婚があるという流れの方が将来的には幸せになれるのかもしれませんね。


>>デートの教科書 ~初デートからつきあうまでのすべての流れ~

まとめ

男女で生涯未婚率が違うのはなぜなのかをテーマにしていたはずが、気が付いたら非正規雇用でもどうすれば結婚できるのかという壮大な話にいつの間にかなってしまいました。笑

 

結婚がすべてではないですが、老後一人で、孤独に生きていくことを想像するとゾッとしますし、一緒にいてくれる人がいることはやっぱり幸せなのかなと思いますね。

 - 恋愛 , ,