一人暮らしの費用と最低限必要なもので不安を消す方法を紹介!

      2016/06/01

新生活で一人暮らしの費用って?

新生活で始めて一人暮らしをする方はどのくらいの費用がかかるのか?
最低限必要な家電や家具はどんなものなのか?

わからないことが多いですよね。

ここでは私の一人暮らし生活をもとに費用や必要なものは何かを明確にし、計算をしていきますので、不安を消す上で参考にしてもらえればと思います。




新生活で一人暮らしの費用ってどのくらい?

新生活で一人暮らしの費用がどのくらいかかるのかはそれぞれです。
ですが、費用には優先順位があります。

一人暮らしでかかる費用としてはだいたい以下のようなものが挙げられます。

家賃・光熱費・通信費・食費・日用品・交通費・交際費・娯楽費などざっとこんなものでしょうか。

 

人によっては習い事だったり、仕送りだったり貯金、車のローンなども費用としてあるでしょう。

 

また、大学生や社会人など立場の違い、東京や大阪に住んでいるなど場所の違い、ペットの有無などでシュミレーションは変わってきますので、参考程度に考えてくださいね。

 

これらの費用に優先順位をつけるのですが、何を基準にするかというと毎月一定額支払うものと月によって支払う費用が変わるものを基準にします。

 

いわゆる固定費と流動費です。

 

固定費は家賃・光熱費・通信費など毎月ある一定額を支払うものですが、これらの費用を優先的に確保します。

 

理由は明白で、固定費の支払いができないと生活に支障が出るからです。家賃が払えなければ部屋を追い出され、光熱費が支払えなければシャワーも浴びれません。

ですので、まずは固定費の金額を確保しましょう。

 

家賃や通信費は把握できてると思いますが光熱費は初めての一人暮らしでは検討がつかないかもしれません。

 

私も一人暮らしをしているのですが、私の場合だいたい電気代2,000~4,000円、ガス代1,500~2,000円、水道代2,000~3,000円といったところでしょうか。

電気代は季節によってエアコンをつけたりするので変わりますが、月1万円あれば光熱費は大丈夫だと思います。

 

固定費を確保したら次に流動費を確保する必要があるのですが、流動費はどのくらいかかるかの予測が難しいです。

ですが、流動費も固定費のようにしてしまえばこの問題は解決できます。

 

どういうことかというと、前もって費用を決めておくということです。

 

例えば、食費は月3万円以内でやりくりする。
交通費は月5,000円以内で超えそうなときは自転車を使う。

 

など先に費用を決めておくようにしましょう。
そうすることで節約につながりますよ。

ちなみにポイントとしては毎月使えるお金を全部費用に回さないようにすることです。

 

私は4ヶ月連続で結婚式とお葬式が続き、予想外の出費をした経験があります。。。

こういった想定外の出費はあるものですから、余裕は作っておきましょうね。

 

冠婚葬祭の出費はちゃんとしたいですもんね^^

 

ちなみに、一時期フリーターとして手取り15万円くらいで生活してたこともあるのですが、その時と生活レベルは大きくは変わっていないです。

その頃は東京ではなく地方に住んでいたので、家賃が安く済んだことが大きかったですね。

 

ただ、1階に住んでいたことが関係しているのか夏場は月に1度くらいの割合でゴキブリさんと一緒に住んでいました。

私は一人暮らしがしたかったんですけどね。気が付いたら同棲してましたよ。笑
ゴキブリの卵がある場所や孵化の時期と期間を知って駆除しよう!




新生活で一人暮らしするときに最低限必要なものは?

新生活で一人暮らしをするときに最低限必要なものも人によって違ってくるでしょう。

私は子供の頃からテレビっ子だったので、テレビのない生活は考えられないですが、最近ではテレビを必要としていない人もいますからね。

ですが、実際に生活してみてこれはあったほうがいいという家電と家具を独断と偏見で紹介したいと思います。

 

冷蔵庫・・・食品や飲み物をちゃんと冷やすことは食中毒対策にもなります。

布団orベッド・・・睡眠は健康維持にとって必須ですからね。

 

最低限で言えば基本はこの2つですかね。

これにプラスして、私は炊飯器・テレビ・パソコン・電子レンジ・調理器具・テーブルは最低限欲しいですね。

 

自分の生活を記録したり振り返ってみて必要なものをピックアップするといいですよ。

ちなみに、一人暮らしをしているとキッチンが狭く、炊飯器を置けないという、いわゆる炊飯器問題がありますが、その問題を解決する方法を紹介しているので、悩まれている方は参考にしてください。

炊飯器の置き場所がない一人暮らしは床に置いても大丈夫?

新生活での一人暮らしの不安を消す方法!

新生活での一人暮らしに不安はつきものです。
費用はいくらかかるのか?必要なものは何か?なども不安の一つでしょう。

そんな不安を解消する方法を伝授しますので、参考にしてみてください。

 

不安を解消する方法、それは文字に起こすことです。

 

・・・それだけ?と思うのですが、これだけですよ。

なぜ不安になるのかというと何が不安なのかわからないからなのです。

 

頭の中だけで考えると整理がつかず、不安がいつまでも消えないような感覚になってしまいます。

そこで、不安を紙やスマホなどで文字に起こすことで不安を視覚化することができます。

 

そうすると不安は課題にかわり、解決しようとする目的のようなものに変わります。

 

課題を解決したら消していくことで不安も不思議と消えていきます。

 

何か不安を感じたら不安を文字に起こす。

 

騙されたと思って試してみてください^^

意外と人の心理はコントロールできるものですからね。
失敗が怖い心理はなぜ?動けない自分を克服する方法を教えて!

まとめ

新生活で一人暮らしにかかる費用はそれぞれだが、固定費化することで余裕を生むことができます。

また、必要なものもそれぞれだけど、最低限冷蔵庫と布団・ベッドは用意しておきましょう。

新生活での一人暮らしに不安を感じたら、不安を文字に起こす。
そうするだけで不思議と不安が無くなっていきます。

 - 一人暮らし , , ,