猫舌の由来は?英語や反対語は何て言うの?

   

猫舌の由来

熱い食べ物や飲み物を口にすると食べられないことを猫舌と言いますが、なぜ猫舌と呼ぶのでしょうか。

 

猫舌と呼ばれる由来は昔の習慣にありました。

 

また、猫舌は日本独自の表現のような気がしますが、英語では何と訳すのでしょうか。日本でも猫舌を反対語ではなんというのか知られていないですが、対義語はあるのかなど猫舌の言葉について解説していきますね。




猫舌の由来は?

猫舌の由来は猫は熱い食べ物が苦手だからなのですが、「猫は人間と一緒に暮らしていた」ということが大きく関係してきます。

 

そもそも、人間以外の動物は火や電気を使って熱いものを食べるという習慣がないので、猫に限らず犬も猿も熊もみんな熱い食べ物が苦手です。

 

ですので、動物はみんな猫舌だということなのですね。

 

では、たくさんの熱い食べ物が苦手な動物がいるのになぜ猫舌と呼ぶようになったのでしょうか。

 

その理由こそ先程書いたように「人間と猫が一緒に暮らしていた」ことが関係してくるのです。

 

猫舌と言う言葉が生まれたのは江戸時代だと言われているのですが、その頃の猫は上流階級のペットとして飼われていたり、ネズミを捕まえる家畜として家の中で飼われていたとされます。

 

同じ屋根の下で暮らしているわけですから、人間の食事に近いもの(温かいもの)を食べさせようとしたわけです。

 

ですが、猫は熱い食べ物が苦手なので、食べられず、結果猫舌と言われるようになったのです。

 

諸説ありますが、もっとも多く言われているのはこのような由来ですね。

 

今でこそ、ペットと言えば猫か犬かのどちらかが多いですが、江戸時代の頃の犬は室内で飼うものではなく、野良犬として家の外で飼われていることが多かったです。

 

人間の食事の残り物(冷めたもの)をあげて面倒を見ることが多かったので、熱いものを食べることは少なく、また外で飼われているために犬が食事する様子を近くで見ていなかったことが犬舌とならなかった理由だとされています。

 

猫舌はいい意味でつかわれない言葉ですが、それは猫が身近な存在で愛されているからこそつけられたとも考えられますね。



猫舌は英語で何て言うの?

猫舌という言葉の由来はわかりましたが、これは日本だけで言われている言葉なのでしょうか。

 

英語でも猫舌という表現はあるのでしょうか疑問ですよね。

 

そのまま「cat's tongue」と言っても日本なら理解してもらえると思いますが、英語ではたぶん伝わらないでしょう。

 

猫を飼っていたり、察しの言い外国人なら伝わる可能性もありますが、「cat's tongue」とは言いません。

 

英語で表現する場合は「I can't eat something hot (so quickly).(意訳:熱いものを早く食べられない)」などが例として挙げられるかなと思います。

ひょっとしたら一語で表現できる言葉があるのかもしれませんが、中学生で習うような言葉でも十分表現することができますよ。

猫舌の反対語はあるの?

猫舌をそのまま英語で表現することはないと考えられていますが、反対語ならありそうな気もしますよね。

 

ですが、ここまで読んでいただければなんとなく察しがついているかもしれませんが、猫舌の反対語はありません。

 

なぜなら、もともと人間も温すぎる食べ物は耐えられないようになっているからです。

 

全員が熱すぎる食べ物をバクバク食べられるわけではないので、猫舌の反対語というのは存在しないのです。

 

お酒が飲める人と飲めない人みたいに猫舌の人とそうでない人みたいに表現しましょう。

 

無理矢理反対語を作るのならシンプルに「舌」ですかね。笑

 

「お前猫舌かよ~。俺なんて舌だぜ!」

 

…やっぱり変ですね。笑

まとめ

猫舌の由来は昔の日本人は猫と一緒に住んでいて熱い食べ物が苦手な様子を見ていたことが関係しています。

 

猫舌をそのまま英語に訳したり、反対語などは存在していないので、どうしても言葉を生み出したい方は言葉を考えて広めていってくださいね。

 

招き猫の名前の由来と神社の関係は?色によって意味が違うって本当?

 - 雑学・ネタ , , ,