明治時代の1円札を今も使えるとしたらその価値は当時と違うの?

   

明治時代の一円札の価値

普段当たり前のように使っているお札は現在1000円、2000円、5000円、1万円がお札になっていますが、昔は1円札もありました。

ところで明治時代に発行された1円札は今でも使うことはできるのでしょうか。

もし使えるのなら価値は一体いくらになるのでしょうか。

そんな疑問にお答えします。



明治時代の一円札は今でも使えるの?

明治時代の一円札と言えば大黒天が描かれていて、大黒札とも呼ばれていますよね。

明治時代ですから今から100年以上も前に発行された一円札ですが、実は今でも有効券として使うことができるのです。

驚きですよね。

 

不換紙幣という交換することができないお札扱いになるので、硬貨と交換することはできないので、おつりをもらったり両替をすることはできませんが、使用することはできるそうです。

 

大黒天と言えば七福神の一人で五穀豊穣の神とされ、笑顔がトレードマークですが、明治時代の一円札が使えると知ると「今でも価値があるのだよ」としゃべっているような感じにも見えますね。

・・・そうでもないですね。笑

明治時代の一円札の価値はどれくらい?

明治時代の一円札が今でも使えるということはわかりましたが、その価値はどのくらいになっているのでしょうか。

 

実は一円札の対価としての価値は現在でも1円だそうです。

 

ですので、スーパーに買い物に行っても消費税分の支払いしかできないのです。
使えるけれど、使えないですね。笑

 

それにお店では使用を断られるでしょう。
偽札だと思われそうですし、何よりも使おうとする人はどうかしてると思割れるでしょうからね。

 

しかし、収集物としての1円札の価値は高いです。

紙幣の状態などにもよりますが、4万円から30万円程度の価値があるそうですよ。

 

今のうちに1000円札を保管しておいた方がいいかもしれません。
まぁ、何百年後の話をしているんだとなりますね。笑

つまり、スーパーで1円札を使っても結果的には同等の価値ではなく損してしまうけれど、マニア相手に取引すればとんでも価値になるということですね。



意外に多い今でも使えるお金

ここでは明治時代の一円札が使えるかという話をしてきましたが、実はすでに発行が停止されている明治時代以降の紙幣はその額面の価値で使うことができるそうです。

 

今後増えたり減ったりすることはあるでしょうが、現在18種類のお札が使うことができるそうですよ。

 

ですが、先程説明したようにお店で使えることはないですし、マニアや鑑定士などと取引をした方が価値があります。

お店の方にも迷惑になりますから、もし価値を与えたいのなら古銭を専門に取り扱うお店に行きましょうね。

 

それかせどりやオークションでやり取りを重ねていくのもいいかもしれませんね。

気が付いたらとんでもない価値に生まれ変わっているかもしれませんよ。
リアルわらしべ長者ですね。

 

昔の日本について知ると意外な事実が多くて結構面白いですよ。
今や日本の春の風物詩となっているお花見も本来は梅だったと言われていますからね。
お花見の起源を知ればなぜ梅ではなく日本人は桜好きなのか理由がわかる

まとめ

明治時代の一円札は現在でも対価として使用することができます。
現実味はありませんけどね。

面白がって子孫のためにお札や硬貨をとっておくのもいいかもしれません。

まぁ私は未来の10万円よりも目先の1000円札に価値を求めますが(^^;

 - 雑学・ネタ , ,