ワイシャツの襟の黒ずみ原因を知れば汚れを簡単に落とせる!

   

Yシャツの襟の黒ずみ汚れを落とす

ワイシャツの襟の黒ずみ汚れってとても厄介ですよね。
洗浄力の高い洗濯洗剤を使ってもこの部分の汚れは全然落ちてないなんてことも珍しくありません。

それにワイシャツは毎日使うものなので、何着か用意していてもクリーニングに出すのは月に1回やそれ以上の月日が経つこともあります。

そうすると汚れもどんどん頑固になっていって結局汚れたままになってしまいますよね。
ですが、そんな黒ずみ汚れを簡単に落とす方法があるのですよ。




ワイシャツの襟の汚れの原因は?

ワイシャツの襟の黒ずみ汚れの原因はなんだか知っていますか。
実はあの汚れの正体は油なのです。油が空気中の汚れをくっつけてしまい、それが原因で黒ずんでしまうのですよ。

 

襟の部分は首と接していますから、頭から首に垂れてくる汗と一緒に皮脂がそのワイシャツの襟の部分に染み込んでしまい、結果汚れてしまうのですね。

ワイシャツの黒ずみ汚れを落とそうと思っても、洗濯機に入れて洗濯したところで汚れは落ちておらず、かといって洗剤を直接襟に染み込ませて手でゴシゴシ洗ってみたところであまり落ちている感じがありません。

 

頑固な汚れですし、この襟の汚れなどの小さなイライラが原因で夫婦関係が悪くなる可能性もなくはないのですよね。

 

しかし、なぜ直接洗剤をかけて洗っても襟の黒ずみ汚れは落ちないのでしょうか。

その理由は先程原因として挙げたように油によって引き起こされている汚れだからなのです。

 

洗濯洗剤は漂白するために汚れを落とすものであって、油が原因で汚れている服を落とすのにはあまり向いていません。

では、どんな洗剤で汚れを落とせばいいのでしょうか。
その点について次で紹介していきますね。




ワイシャツの襟の黒ずみ汚れは食器用洗剤で落とせる

ワイシャツの襟の黒ずみ汚れは食器用の洗剤で落とすことができます。

先程、油が汚れの原因となっていると説明しましたが、これは見方を変えれば、黒ずみ汚れは油汚れがついた食器と同じと考えられます。

 

料理をするときに油を使用しますので、食器には油汚れがついています。
ですので、食器用洗剤は油汚れを落とすことに強みを持っている洗剤であると言えるのです。

 

食器用の洗剤をワイシャツの襟に使用するのは抵抗があるかもしれませんし、用途としては台所用の洗剤なのでお皿やまな板などを洗うためのものですが、食器用洗剤を食器以外に使ってはいけないとの指摘はありません。

 

注意事項はありますが、他の汚れを落としてはいけないと書いてはいないのです。
ですので、躊躇することなく使用してくださいね。

 

けれども、どうやって使えばいいのかわからないという声もあると思いますので、洗濯術を引き続き紹介していきたいと思いますね。

食器用洗剤でワイシャツの襟の黒ずみ汚れを落とすやり方

食器用洗剤でワイシャツの襟の黒ずみ汚れを落とすときのやり方についですが、まずは食器用洗剤を汚れている部分に垂らし、それを歯ブラシでこすります。

汚れ具合にもよりますが、だいたい2分くらいこするのがいいでしょう。

 

次に、水で洗い流します。
バケツや洗面台に水をためてそこで洗うのがいいと思いますが、この時点で黒ずみ汚れはほとんど落ちていますよ。

 

後は、いつもの洗剤と同じで漂白剤につけて洗濯機にかければ黒ずみ汚れを落とすことができます。

女性の方はお化粧をされたあと、クレンジングを使いますが、あれは油汚れを油で落とすという行為だと言われています。(私は化粧をしないのでにわか知識ですが、間違っていたらごめんなさい)

 

食器用洗剤でワイシャツの襟の黒ずみを落とすのもこれと似ていて、食器用洗剤の主成分である界面活性剤は水と油の性質を持ち、油に非常に近い成分が含まれています。

その成分によって油汚れを落としているので、効果的だとされているのですよ。
こういった事実を知っておくと抵抗なく使用できるのではないかと思い、補足させていただきました。

 

ちなみに、以前100均の食器用洗剤についてレポートしましたが、黒ずみ汚れには100均のものよりも有名メーカーのものを使った方がいいと思います。大事なのは洗浄力ではなく、界面活性剤の力ですからね。
100均の食器洗い洗剤ってどう?使用してわかったことをレポート!

まとめ

ワイシャツの襟の黒ずみ汚れは固まった油と汚れがしっかりと接着していることが原因です。
そこに食器用洗剤がはいることで固まった油を溶かしてくれるので、チリなどの汚れは落としやすくなりますよ。

油は油で制する」ということですね。

ワイシャツの襟の黒ずみに悩まれている方はぜひためしてみてください。

 - 日常 , ,