靴下の泥汚れは洗剤では落ちない?洗濯前に水で濡らすより乾燥させよう!

      2016/06/16

泥汚れを洗濯で落とす方法は?

お子さんをお持ちの家庭やスポーツをされている方は服やユニホームが泥で汚れてしまうことがあると思います。

特に靴下は地面から近い分、すぐに汚れてしまいますよね。

そんな靴下をはじめとする泥汚れは洗剤だけでは簡単に落とすことができません。
ですが、洗濯する前のちょっとした工夫で落とすことができるのですよ。



靴下の泥汚れが洗剤で落ちない理由

靴下をはじめとする泥汚れは洗剤や漂白剤では分解することができないので、そのまま洗濯機にかけても汚れを落とすことはできません。

それに洗濯機の中に他の汚れていない服と一緒に泥だらけの服を入れるのはちょっと抵抗がありますよね。

 

そんな方は、泥汚れのある服を洗濯する前に一度水洗いなどをして、ある程度汚れを落としてから洗濯するという方も多いのではないでしょうか。

私も子どものころサッカーをしていた頃は部活が終わった後、お風呂場で一度汚れを落としてから洗濯していました。

 

けれども、正直なところあまりきれいに汚れを落とすことができず、あまりゴシゴシ汚れを落としていると靴下に穴が開いてしまったりしたこともありました。

 

実は泥汚れを水につけてゴシゴシ洗い落とすのはあまり効果的な方法ではないのですよ。
ではどんな方法が効果的なのかというと、その点については次で書いていきますね。




泥汚れを落とすには洗濯前の工夫が大事

泥汚れを落とすには洗濯する前に乾燥させることが大事なのです。
濡らすのとは真逆の方法なのですね。

 

なぜ乾燥させるのがいいのかというと、泥は乾燥すると落ちやすくなるからです。
これは子どもの頃にどろんこ遊びをした方は記憶にあるかもしれませんね。

 

これと同じように服についた泥汚れもまず水につけるのではなく、まず乾燥させてください。

 

どんな風に乾燥させればいいのかというと、自然乾燥ではなくドライヤーを使うのがいいでしょう。
そうすればより早く乾燥させることができますからね。

 

ドライヤーを使う際には一つ注意点があるのですが、それは冷風を当てることです。
温風だと泥以外の汚れが定着してしまったり、衣類が傷んでしまう可能性がありますので、この点だけは守りましょうね。

 

ドライヤーで泥の水分を完全に抜いたら、乾いた泥を叩いて物理的に泥を落としていきましょう。
後は粉末洗剤で部分的に揉み洗いをすると、泥をきれいに落とすことができます。

 

ここまで来たら、他の洗濯物と一緒に洗濯機におまかせして大丈夫ですよ。

泥汚れはなぜいきなり濡らしてはいけないの?

泥汚れは一度乾燥させてから洗うということに驚いた方もいるかもしれませんね。
しかし、なぜいきなり水に濡らしてはいけないのでしょうか。

 

実は泥のついた服を水に濡らしてしまうと、泥が溶けだし服の繊維の奥の方に汚れを押しやってしまうのです。
ですので、いきなり濡らしてしまうと汚れの粒子が奥に流れ込んでしまうので、結局汚れが落ちにくくなってしまうのですね。

 

もちろん、水を流し込めばある程度の汚れは取ることはできますが、それをする前に落とせる汚れは乾かして取ってしまうのがよりキレイに泥汚れを落とすポイントになるということなのですね。

 

一度乾かすか、いきなり洗うのかでは見た目でわかるくらい大きな差がでますから、是非一度試してみてくださいね。

まとめ

靴下をはじめとする泥汚れは冷風ドライヤーで一度泥を乾かし、乾いた泥を叩いて落としてください。
それから粉末洗剤につけて洗うとよりキレイに汚れを落とすことができます。

 

洗濯はちょっとした工夫で見違えるほどキレイになりますから、いろんな工夫を知っておきましょうね。
ワイシャツの襟の黒ずみ原因を知れば汚れを簡単に落とせる!

 - 日常 , , ,