冷凍庫の霜を取る!実際に試したこの方法は意外とおすすめ!

Warning: Use of undefined constant user_level - assumed 'user_level' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/mphead/1k-life.com/public_html/wp-content/plugins/ultimate-google-analytics/ultimate_ga.php on line 524

冷凍庫 霜 取る

年末が近づいてきて棚卸感覚で冷凍庫にあったアイスや冷凍食品を食べつくしたのですが、その時に霜がびっしりとこびりついているのに気づきました。

この霜を取ろうを思ったのですが、どんな方法で霜を取るのが最も効果的で効率がいいのかを調べてみて実践してみようと思います。

冷凍庫の霜を綺麗にしていい気分で年末年始を過ごしていきましょう!




冷凍庫の霜を取る方法!おすすめはコレ!

冷凍庫の霜を取る方法について調べてみるといくつか方法があるのがわかりました。

一番おすすめの方法としては電源を抜いてしまって、霜が溶けてから拭き取る方法

 

この方法がおすすめされている理由としては、確実に霜が取れていくので時間が経てば綺麗にすることができる点と電源を抜いてしまうのでドアを開けっ放しにしても消費電力が増えないので節電しながら綺麗にできるという点でおすすめされていましたよ。

確かに時間があればこの方法が確実だと思いますし、引っ越しの時に冷蔵庫も一緒に運ぶときは中の状態を綺麗にした状態で運べますね。

実際にこの方法は私が引っ越しをした時にやったことがありますし、失敗はないでしょう。

 

ただ、毎回同じ方法で綺麗にするよりも「何かもっと効率のいいやり方がありそう」な気がしていたので別の方法を探してみました。

そこで、自然に溶けるのを待つ以外でおすすめの方法を探してみたところ、やり方はいくつかあるものの共通しているところとしては「霜を溶かせればいい」というのが言われていましたね。

 

お湯をかけたりドライヤーを使ったりなど動画などでいろいろ紹介されていたのですが、この時にピンッ!と来た方法があったので、その方法を試してみました。

実際にやってみたので検証結果を記録しておきます。

実際に試した方法はコレ!

冷凍庫 霜

冷凍庫の中の霜の状態はこんな感じだったのですが、私が実際に試した方法は「スチームクリーナー」を使って霜を取る方法。

おすすめされていた方法の「お湯の場合」だと沸かすのに時間がかかってしまいますし、お湯を霜にかけるのがやりにくいので効率が悪いと思いましたし、ドライヤーの場合だと水分がないので氷が溶けにくいなと思いました。

 

けれども、スチームクリーナーならすぐに温まりますし、水分を噴射するので効率よく霜が綺麗になると思ったのですね、

以前このブログでも紹介したスチームクリーナー「H2OスチームFX」も持っていたので早速試してみました。

 

【関連記事】
H2OスチームFXの体験談!徹底レビュー&買ってわかった実際の使い心地!

 

早速使ってみたのですが、スチームクリーナーはおすすめできる部分はありますね。

おすすめできる理由としては「とにかく早く作業が終わる」ということ。

使い始めてからだいたい5分くらいでふき取りまで完了しました。

 

一応、作業終了後の様子はこんな感じです。

冷凍庫 霜

あの状態から5分程度でここまで仕上がるのなら上出来かなと思います。

他にもいい点を挙げるのなら「大きな霜が取れる」という事。

 

一点集中で穴を空けるように霜を削ることができるので、その部分を中心にはがしてみると大物が取れるので気分がいいですね。

ちなみに、実際に取れた霜はこんな感じ。

霜 取る

なかなかの大物が取れましたね^^

作業効率はいいと思いますし、早く終わるという面ではスチームクリーナーは優れていると感じました。

 

ただ、デメリットもありますのでその点は理解しておいた方がいいでしょう。

主なデメリットとしては「冷凍室内の様子がわからない」ということ。

 

スチームが発生するので水蒸気で冷凍室内が霧状態になるので視界がなくなります。

なので、どのくらい削れたのかを確認するのに手で触って確認する必要がありました。

 

見えなくても作業はできるので私は気になりませんでしたが、人によっては嫌に思うかもしれません。

あとはドアを開けながら作業するので再び電源を入れた時の電気代が気になるところですが、これはどんな作業方法でも避けられないことですから仕方がないですね。

 

水浸しになるのかなと思ったのですが、作業時間が短くて済んだのでタオル1枚で綺麗に拭き上げることができましたし、個人的には満足です。

 

電源を抜いてずっとそのままの状態にして自然に溶けるのを待てるのならそれがいいとは思いますが、サッと作業したいのであればスチームクリーナーを使ってみるのは一つの選択肢だと思いますよ。



そもそもなんで霜が付くの?どんなデメリットがあるの?

無事に冷凍庫の霜取りをすることができたのですが、そもそもなんで霜が付くのでしょうか。

一般的な原因としては「冷凍庫の空気の中の湿気(水分)がくっついて、それらが中で冷やされることによって水分が凍ってしまい、霜になる」ということのようです。

 

冷凍庫を開けて「軽く食べられる冷凍食品はどれかなー?」とか「今日は何味のアイスを食べようかなー」なんてドアを開けながらのんびり考えていると霜がだんだん付きやすくなってくるのですね。

他にもドアの内側についているパッキンの不具合だったり、排気口の不具合によって外部の空気が冷凍庫や冷蔵庫の中に侵入して霜ができたり、水分が発生したりします。

 

霜ができることはあまり良いことではないというイメージがありますが、実際にあまり良くない状態のようですね。

 

主なデメリットとしては冷凍する能力が低下してしまい、消費電力が増えてしまうこと。

また、冷凍庫内の環境が悪くなってしまったり、霜取りをする面倒もでてきますからできるだけ霜がつかないようにしたいですね。

予防方法は何がおすすめ?

霜を落とす方法についてはみていきましたが、やっぱり一番大事なことは霜が付かないように予防することになります。

どうすれば霜が付かないように予防することができるのか、この点をしっかり実践していくことで余計な作業は増えませんし、節電にもつながっていきますね。

 

予防する方法としては「水分を溜めない」ということが大事になります。

なので、こまめに水滴をふき取ったりすることや水分を含んだものを冷凍するときはしっかりとラップをしておくなどの工夫をしましょう。

水分がなければ霜は発生しませんから、まずはこの点を意識しておくといいですよ。

 

あとはモノを取り出すときになるべくドアを開けっぱなしにしないですぐに取り出すことも大事です。

空気中には水分が含まれていますから、なるべく外気に触れさせないようにしておくといいですね。

 

それでも霜が発生する場合は冷蔵庫や冷凍庫の性能が落ちていたり、パッキン部分が劣化しているということも考えられるので買い替えを検討する必要があるかもしれません。

 

もし冷蔵庫自体を買い替えるのであれば、霜取り不要の冷蔵庫に買い替えるのもおすすめですよ。

大型の冷蔵庫や冷凍庫にはだいたいついていますが、小型のものだとついていないこともあります。

けれども、アイリスオーヤマのものは小型でも霜取りの冷凍庫もありますし、新生活応援セットなどでお得に購入することもできるたりしますよ。

 

長年使っている方は買い替えを検討するのも一つの方法かもしれませんね。

どうしたら快適な生活が送れるか一度考えてみるといいこともありそうな気がします。

 

>>アイリスオーヤマの注目冷蔵庫&冷凍庫の一覧はコチラ!